Skip to Main Navigation Skip to Content

本格機械式時計の購入を検討するすべての人へ。
価値を備えた時計を選ぶためには

1: 歴史やモノ作りへの姿勢、蓄積された技術力によって裏打ちされている

スイス時計の中でも、歴史と技術力を持つブランドには一本筋の通った職人気質なイメージがあり、時計玄人からの評価も高く、機械式時計に一家言ある時計愛好者からの支持も集めるような確固たる背景がある時計は、過去から現在、未来へと不変の価値を保ち続けます。

2: 幅広いスタイリングに調和し、装いの品格を高めてくれる

格調の感じられるデザインの時計は、上品なカジュアルから、かっちりとしたスーツスタイルまで幅広いスタイリングに自然になじみ、大人の品格を加えてくれます。ロンジンのタイムピースは、腕時計の本分である高い視認性を第一義に、「クラシック」、「エレガンス」、「タイムレス」のエッセンスが息づくクラシックなデザインに仕上げられています。

3: 高級腕時計の格を保ち時流に流されない安定したバリュー

『ロンジン マスターコレクション』は、2005年の登場時に機械式時計への回帰を印象づけたコレクションであり、全モデルに高精度な機械式ムーブメントが搭載されています。クラシックなデザインと高精度なムーブメント、そして安定感のある価格設定と、魅力が凝縮した本格機械式時計です。2021年以降は自動巻き時計の保証期間を購入より5年に設定し、ケア体制もより充実しました。


精緻な複雑機構の結晶。
「ロンジン マスターコレクション」の今を示すクロノグラフ

近年はクロノグラフやダイバーズウォッチといった趣味性の強い時計が新たな潮流になりつつありますが、ロンジン マスターコレクションのムーンフェイズはクロノグラフに加え、月の満ち欠けを示すムーンフェイズ機構、月・日付・曜日を表示するトリプルカレンダー搭載という、本格機械式時計愛好家の方にも納得いただける1本です。腕なじみの良い40mm径ケースにこの複雑機構が収まっていることも、技術力を感じさせるポイントです。
なお、元来スポーティな意匠であるクロノグラフを搭載したモデルの中には、スーツスタイルとの相性が今ひとつというものも少なくない。しかし、「L2.673.4.92.0」は例外だ。サンレイ加工により光を受けて輝くブルーダイヤルと、優美な曲線を帯びたリーフ針、同色アリゲーターストラップが織りなすエレガントなイメージのおかげで、きれいめカジュアルからジャケパンスタイル、ドレッシーなスーツスタイルにも見事に調和する。その腕時計としての実力も後押しし、1本あればオン・オフ兼用ウォッチとして幅広い活躍をしてくれます。


飾らないゆえに気付く美しさ。この先も変わらぬ価値を宿す、
ムーンフェイズ3針モデル

より幅広いスタイリングにマッチする汎用性を備えた、飽きの来ないベーシックな腕時計をお探しの場合には3針仕様の「L2.909.4.92.6」がおすすめです。サンレイ加工が施されたブルーの文字盤をはじめ、リーフ針、アプライドインデックス、6時位置のムーンフェイズといった「L2.673.4.92.0」の基本スペックを受け継ぐモデルは、若い年代の時計好きや機械式時計のビギナーにもぴったりな1本。顔立ちが40mm径と比較的小ぶりでオーセンティックな分、ムーンフェイズをはじめとした各要素がピリッと際立っています。着回し力はクロノグラフと同様、重要なビジネスシーンからウィークエンドまで、シーンを問わずカバーしてくれます。

ムーブメントには金曜日の夜、外す前にリューズを巻いておけば、月曜日の朝も駆動し続けている72時間のロングパワーリザーブを誇る「L899」を搭載。ケースバックは機械式時計ならではの精緻な動きを楽しめるシースルー仕様に。ムーンフェイズと合わせて、本格機械式時計の醍醐味を味わえる1本となっています。


ブランドの理念を色濃く宿す「ロンジン マスターコレクション」

2005年に誕生した「ロンジン マスターコレクション」は、ブランドのフラッグシップに位置づけられるコレクション。そのデザインは、腕時計の本分である高い視認性を第一義に、「クラシック」、「エレガンス」、「タイムレス」のエッセンスが息づく『ロンジン』の美学を体現したデザインに仕上げられています。上品なカジュアルから、かっちりとしたスーツスタイルまで幅広いスタイリングに違和感なく調和し、装いの品格を高めてくれるタイムピースです。

また全モデルに高精度な機械式ムーブメントが搭載されている点も特徴。エクスクルーシブムーブメントを中心に、ムーンフェイズからクロノグラフ、トリプルカレンダー、レトログラードといった複雑機構のムーブメントが一堂に会します。