12

クライド・パングボーン&ヒュー・ハーンドン

スクロール
この2人のアメリカ人飛行士は、1931年に初の太平洋無着陸横断飛行に成功しました。彼らは日本を出発し、41時間後にアメリカに着陸。重量を減らすために、彼らは靴も履かず、飛行機の着陸装置も乗せずに飛行しました。
1931
クライド・パングボーン(1896年生まれ)とヒュー・ハーンドン(1899年生まれ)の数千マイルにおよぶ世界一周飛行は、刑務所で終わりを迎えることになりました。彼らは日本で軍の飛行禁止区域を知らずに飛行し、写真を撮った罪で逮捕されたのです。それぞれ1000ドルの罰金を支払った後、彼らは釈放され、離陸することを許可されましたが、それは1回のみに限定されていました。彼らは東京から300マイル(482km)離れた海岸から、1931年10月4日に飛び立ちました。

ベランカ スカイロケットJ-300型飛行機であるレッドの「ミス・ビードル号」は、離陸時に915ガロン(3464L)のガソリンを積んでおり、深刻な過積載状態でした。そのため、機体はメーカーが示す許容量をはるかに超える重さになっていたのです。また、パングボーンはガソリンタンクを増設しただけでなく、着陸装置を空中に放出できるように改造を施していました。
軍のパイロットであった彼は、着陸装置を放出すると空力抵抗と燃料消費量は減少するが、「ミス・ビードル号」の速度は上がると計算したのです。

飛行開始から3時間後、パングボーンは車輪を切り離しましたが、着陸装置の2本の支柱がそのままになってしまい、取り外すことができなくなってしまいました。以前はアクロバット飛行士として「曲芸師のパングボーン」と呼ばれていた彼は、太平洋氷上14,000フィート(4,262 km)の高さで翼の上に這い出されてしまったのです。彼は重量を減らすために靴を日本に置いてきてしまったので、この作業を裸足で行わなければなりませんでした。20分におよぶ格闘の末、彼は支柱を取り除くことに成功しました。パングボーンの経験値(飛行時間17,000時間)が、成功と墜落の違いを生み出したのです。
1931年10月5日にウェナッチに到着したヒュー・ハーンドン(左)とクライド・パングボーン(右)。
トラブルは他にもありました。この冒険の資金提供者であり、副操縦士でもあるヒュー・ハーンドンが、胴体タンクから翼内タンクに燃料を送り込むのを忘れてエンジンが停止してしまう事態に。パングボーンはエンジンを再び始動させるため、飛行機を巡航高度から急降下させ、1,400フィート(430m)で引き揚げなければなりませんでした。彼らがアラスカ湾で厳しい寒さに見舞われた際には、濃い霧によって着陸可能な地点がわからなくなっていました。そして、40時間以上の飛行で燃料が少なくなっていることを、彼らが身に着けていた信頼できるロンジンの時計が示していたのです。

パングボーンは、幼い頃から慣れ親しんだエリアであるウェナッチに着陸を試みることを決意。彼は飛行時間41時間13分で、大きなレッドのベランカ型飛行機を巧みに操作して、胴体着陸させました。ハーンドンは頭にわずかに衝撃を感じ、同時に「ミス・ビードル号」も胴体とプロペラに衝撃が走りました。
パングボーンとハーンドンは、およそ8851km(5500マイル)というこれまでで最長の距離を無着陸で飛行することに成功したのです。彼らは、日本から米国への初の無着陸横断飛行を成功させたことで、日本の新聞社から賞金25,000ドルを獲得しました。

ハーンドンは大西洋横断と最初の太平洋横断の際、「クライド・パングボーンと私はロンジンのタイムピースを身に着けていたが、それらはどちらの飛行でも完璧に機能した」とロンジン-ウィットナー社宛に手紙を書いています。最後の太平洋飛行では、「我々は水筒の水さえも凍るような厳しい寒さに見舞われたが、ロンジンの時計は常に正確な時刻を刻み続けてくれた」と1931年11月にハーンドンは書き記しています。「正確な時刻を知ることが、飛行を成功させるには不可欠なのです」。
「…我々は水筒の水さえも凍るような厳しい寒さに見舞われたが、ロンジンの時計は常に正確な時刻を刻み続けてくれた。正確な時刻を知ることが、飛行を成功させるには不可欠なのです。このような非常に優れたタイムピースを作り出してくれたロンジンに感謝しています。」
ダブルタイムゾーン付きロンジン コックピット クロック(1931年)
先駆的な二人の飛行家、クライド・パングボーンとヒュー・ハーンドンへ提供。
独立した第二時間帯を表示するダブルの分針および時針。同心円状に配された2つの24時間表示の文字盤とスモールセコンド。ムーブメントを停止させるためのプッシャーを追加し、無線報時信号による秒単位の時刻合わせを可能にしました。
ケースは、航空時計で一般的に使用されるアルミニウム製。ムーブメントキャリバー 18.69N、ブレゲ・オーバーコイル、バイメタル構造。トルコ用に開発された分針と時針が2本ある時計(«Montre turque à deux tours d’heures»)のロンジンの特許(No 52579)に因んだ「patented 6 March 1911」の刻印が施されたムーブメント。
ロンジン コックピット クロック ©オリバー・ハートマン
1931年にヒュー・ハーンドンとクライド・パングボーンからロンジンに送られた手紙。
コンテンツ