Skip to Main Navigation Skip to Content Skip to Social Networks Skip to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
en en-AU en-GB en-US fr fr-CH de de-CH es it it-CH ru ja zh-Hans zh-Hant ko pl th tr pt

Search

インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ; 馬術競技、香港
2019-12-19
フラットレース
カリス・ティータン選手が2019年ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップで優勝

モーリシャス出身の騎手、カリス・ティータン選手が今晩、ハッピーバレー競馬場(香港特別行政区)で開催されたロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ(LONGINES International Jockeys’ Championship)で勝利を手にしました。 ライアン・ムーア選手およびヴィンセント・ホー選手を抑え、カリス・ティータン選手は今晩行われた4つの注目レースで合計20ポイントの最大累積得点を稼いで優勝。 表彰式では、ロンジンは優勝者にエレガントなタイムピースを贈呈しました。

ロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップの公式ウォッチを務めるロンジンは、ロンジン マスター コレクションのモデルにハイライトを当てました。 ロンジン専用に開発された新しい自動巻ムーブメントが搭載されたこれらのタイムピースは、ムーンフェイズ表示、および卓越した技術と伝統的なエレガンスの調和を作り出す洗練されたデザインを備えています。

週の後半となる12月6日金曜日には、ロンジン香港国際競走(LONGINES Hong Kong International Races)のガラディナーが開催され、騎手たちは再びロンジン ワールド・ベスト・ジョッキー賞の表彰式でその活躍を讃えられることになります。

最終日となる12月8日日曜日には、ロンジン香港ヴァーズ(LONGINES Hong Kong Vase)、ロンジン香港スプリント(LONGINES Hong Kong Sprint)、ロンジン香港マイル(LONGINES Hong Kong Mile)、ロンジン香港カップ(LONGINES Hong Kong Cup)を含むロンジン香港国際競走で幕を閉じる予定です。

 

詳細を見る
Suave Richard号; 2019年; ジャパンカップとロンジンのパートナーシップ
2019-12-19
フラットレース
ロンジンとの提携のもと開催された2019年ジャパンカップでSuave Richard号が優勝

11月24日日曜日、伝統ある日本の東京競馬場で第39回ジャパンカップ(Japan Cup)がロンジンとの提携のもと開催されました。 このスリリングなスポーツイベントの公式パートナーおよび公式タイムキーパーを務めるロンジンは、注目のレースでオイシン・マーフィー選手が騎乗したSuave Richard号の優勝を計時したことを光栄に思っています。 この日本の競走馬に続いたのは、津村明秀選手が騎乗したCurren Bouquetd'or号、そして川田将雅選手が騎乗したWagnerian号でした。 優勝チームには、ロンジン社長のウォルター・フォン・カネルおよびロンジン社マーケティング部長のマシュー・バウムガートナーよりエレガントなタイムピースが贈呈されました。

 

1981年に東京で創設されたジャパンカップは、ロンジンとの提携のもとに開催される3歳以上の馬が走る芝2400mの国際G1レースです。 この大会は日本最大のレースであり、世界的にも重要なレースの1つとされています。

 

ロンジンとの提携のもとに開催されるジャパンカップは、ブランドにとって大会の公式ウォッチであるロンジン マスター コレクションの新作モデルに注目を集める特別な機会となりました。 ロンジン専用に開発された新しい自動巻ムーブメントが搭載されたこのタイムピースは、ムーンフェイズ表示、および卓越した技術と伝統的なエレガンスの調和を作り出す洗練されたデザインを備えています。

詳細を見る
ロンジン香港国際競走; 馬術競技 2019年
2019-12-19
フラットレース
2019 ロンジン香港国際競走
ロンジン香港国際競走(Longines Hong Kong International Races)は、4つのグループ1レースに世界トップの競走馬と騎手が集い、白熱したレースで今年を締めくくりました。 ロンジン香港ヴァーズ(Longines Hong Kong Vase)およびロンジン香港スプリント(Longines Hong Kong Sprint)では、それぞれGlory Vase号とBeat the Clock号に騎乗したジョアン・モレイラ騎手が優勝し、ロンジン香港マイル(Longines Hong Kong Mile)では、Admire Mars号に騎乗したクリストフ・スミヨン選手が優勝しました。 また、Win Bright号に騎乗した松岡正海騎手が、ロンジン香港カップ(Longines Hong Kong Cup)で優勝しました。

ロンジン香港マイル(Longines Hong Kong Mile)。 Win Bright号に騎乗した松岡正海騎手は1着でゴールし、ロンジン香港カップを制しました。

この大会のタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーであるロンジンは、優勝チームを讃えてエレガントなロンジンのタイムピースを贈呈しました。 また、ロンジンのアンバサダー・オブ・エレガンスのアーロン・クオックがロンジン香港カップの表彰式に出席しました。

さらに、スイス腕時計ブランドのロンジンは、2019 ロンジン香港国際競走の公式ウォッチとしてロンジン マスター コレクションの新作モデルを多くの方に見ていただけるように公開しました。 ロンジンの時計製造の専門技術を象徴するこのシリーズは、世界中でロンジンの名声を築いてきた卓越性やエレガンスという価値観を見事に体現しています。 ロンジン専用に開発された新しい自動巻ムーブメントが搭載されたこれらのタイムピースは、ムーンフェイズ表示と洗練されたデザインを備えています。
詳細を見る
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK