スクロール
1832年にスイスのジュラ地方の真ん中に位置するサンティミエで創業したロンジンは、1878年にスポーツイベントの計時に使用する初の計器を開発しました。 1880年代は、米国の競馬に始まるロンジンのスポーツ計時の輝かしい歴史の幕開けとなったのです。ほぼあらゆる分野のスポーツイベントのオフィシャルタイムキーパーとして、そして飛行士、航海士、探検家、アスリートなどプロフェッショナル向けの計器のメーカーとして、ロンジンは常に自社のウォッチの正確さ、精密さ、そして機能性の向上に取り組み続けました。その結果、極めて先駆的な時計作りへの道が開かれたのです。

次のチャプターでは、ロンジンの精密な計時機能とそれに信頼を置いた先駆者たちの冒険について紹介します。物語に登場する時計の数々は、新聞の見出しを飾るためではなく、当時手に入る最も優れたツールを探し求めていた飛行士や冒険家たちのニーズに応えるために作られました。先駆者となるために重要なものは、過去もそして現在も、第一に「心の状態」です。この小冊子に描かれる勇敢な人々は皆、同じ精神力を共有しています。この精神力が、あらゆる障害や限界の克服を可能にするのです。

ロンジンは、このようなプロフェッショナル向けの時計の製造を通じて多くを学び、そのノウハウを腕時計に移し込みました。その際には、多くの場合ウォッチの心臓部であるムーブメントを再設計し、小型化する必要がありました。ロンジンの時計職人たちはまさに新しい道を切り開きました。1913年に世界初の腕時計式クロノグラフ、1929年に36,000回/時の初のハイビートのポケットクロノグラフ(キャリバー18.72)、1931年に世界初のベゼルが回転する腕時計を製造し、1936年には世界初のフライバッククロノグラフの特許を申請しました。さらに、スポーツイベントにおける計時の精度を高めるために、1954年にロンジンは電子式クオーツ時計を発表しました。このノウハウを駆使して、ロンジンは1969年にクオーツ式腕時計の走りとなるウォッチを作りはじめました。

世界選手権大会のオフィシャルタイムキーパーとして何世代にもわたる経験を持ち、数々の国際競技連盟のパートナーでもあるロンジンは、スポーツ界において長期的かつ強固な関係を築いています。数々のチャレンジを通じて、イノベーションの推進力と先駆的精神が止まることなく豊かに息づいているのです。
s