メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ロンジン賞 第42回ジャパンカップ開催 - ジャパン・オータムインターナショナル

コーポレート

11/27/2022

ブランド アンバサダー、UTAが表彰式のプレゼンターとして登壇

ブランド創業190年を迎えたスイスの時計ブランド『ロンジン』がオフィシャルパートナー兼タイムキーパーを務めた「ロンジン賞 第42回ジャパンカップ 」が、2022年11月27日(日)に東京競馬場にて開催されました。沸き返る大観衆の中、一着でゴールしたヴェラアズールを称え、ロンジン ヴァイスプレジデントマチュー・バウムガートナーと、ロンジンのアンバサダーであるUTA氏が、ヴェラアズールの馬主・調教師・騎手ら関係者6名にロンジンの腕時計を贈呈いたしました。
 

ロンジンと馬術競技の関係は深く、1869年には最初の馬術用懐中時計を製造。1878年に馬と騎手のモチーフを施したクロノグラフを製造し、1881年にはアメリカの競馬場で使用され、レース成績を秒単位まで計測しました。1912年に障害馬術競技のパートナーとなり現在に至るまで、ロンジンと乗馬界との関わりは、障害馬術、競馬、総合馬術競技にわたります。日本では、ロンジンは2014年から9年に渡って、国際的に重要な競馬レースである「ジャパンカップ」のオフィシャルパートナー兼タイムキーパーを務めています。
 

また、欧米におけるエレガントかつ社交的なホースレース文化を日本でも浸透させたいという思いから、ゲストをレースに招待し、その文化の普及にも努めています。190年の歴史を持つロンジンの世界観を伝える会場には、エレガントにドレスアップしたゲストが集結し、世界の一流馬が集う最高峰の舞台を楽しみました。
 

UTA(ウタ) プロフィール
1997年、東京生まれ。幼少からインターナショナルスクールで学び、中学時代はスイスへ留学。
高校からは米国へ渡り大学ではバスケットボールチームに所属し精力的に活動。
高校からは米国へ渡り、その後、ディビジョンⅡの大学にて、バスケットボールチームに所属し精力的に活動。
2018年、フランスのモデルエイジェンシーSUCCESSと契約し、パリ・ファッション・ウィークにてランウェイデビュー。
現在は東京を中心にミラノ、ロンドン、ニューヨークでもモデルとして活躍中。