メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ニュース

  • 09/29/2019

    障害飛越競技

    ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・ニューヨーク

    世界各国から最高の騎手と馬が集まり、世界有数の美しい街で19戦が繰り広げられてきたロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー(Longines Global Champions Tour)が、光栄にも今回初めて活気あふれる都市、ニューヨークで最終戦を迎えました。 土曜日、この週末のハイライトレースであるロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・ニューヨーク・グランプリ(Longines Global Champions Tour Grand Prix of New York)で、Explosion W号に騎乗したベン・マー選手が見事に勝利しました。 その素晴らしいパフォーマンスを称えて、ベン・マー選手にはロンジン副社長のチャールズ・ヴィロズおよびロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスのアンドレ・アガシ氏よりエレガントなタイムピースが贈呈されました。さらに、このニューヨークでシーズンが終了したことによって、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーの2019年年間ランキングが確定しました。 また、ベン・マー選手は2019年ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーの年間優勝も手にしました。2位はピーター・デヴォス選手(ベルギー)、3位はダニエル・ドイサー選手(ドイツ)となりました。本年度に彼らが達成した偉業を称えて、3人にはロンジン副社長のチャールズ・ヴィロズ、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスのアンドレ・アガシ氏、ロンジン米国ブランドプレジデントのパスカル・サヴォイよりロンジンのエレガントなタイムピースが贈呈されました。 さらに、ロンジンは11月21日木曜日から11月24日日曜日まで、魅惑的なチェコの首都、プラハで開催されるロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・スーパー・グランプリ(Longines Global Champions Tour Super Grand Prix)で、タイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めることを心待ちにしています。 この騎手が一堂に会するユニークなイベントの期間中、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・グランプリの各大会の優勝者は、チャンピオンの中のチャンピオンとして、世界最高のアスリートの頂点に立つ選手を決定するこのスリリングな試合への出場権を獲得します。最後に大切なポイントとして、この新しい試合は、大会の公式ウォッチである最もアイコニックなシリーズ、ロンジン マスターコレクションの新作モデルにご注目いただく絶好の機会でもあります。 ロンジン専用に開発された新しい自動巻ムーブメントが搭載されたこのウォッチは、ムーンフェイズ表示、および卓越した技術と伝統的なエレガンスの調和を作り出す洗練されたデザインを備えています。

  • 09/22/2019

    Other

    FEI/WBFSHワールドブリーディング ジャンピング チャンピオンシップ フォー ヤングホース

    公式パートナーおよびタイムキーパーを務めるロンジンは、光栄なことにRockwell RC号に騎乗したジェーソン・フォーリー選手、Chao Lee号に騎乗したカトリン・エッカーマン選手、Cuffesgrange Cavadora号に騎乗したシェーマス・ヒューズ‐ケネディ選手のFEI/WBFSHワールドブリーディング ジャンピング チャンピオンシップ(FEI WBFSH Jumping World Breeding Championship)の5歳馬ファイナル、6歳馬ファイナル、7歳馬ファイナルにおける見事な勝利を計時しました。 ロンジンはまた、3人の才能あふれる騎手たちにエレガントなロンジンのタイムピースを贈呈しました。   この大会の公式ウォッチは、シルバーの「バーリーコーン」文字盤とムーンフェイズ表示を備えたロンジン マスター コレクションの新作モデルでした。 ロンジンの時計製造の専門技術を象徴するこのシリーズは、世界中でロンジンの名声を築いてきた卓越性やエレガンスという価値観を見事に体現しています。

  • 09/22/2019

    体操競技

    2019年第37回世界新体操選手権

    国際体操連盟(FIG)のパートナーを長年務めるロンジンは、光栄にもアゼルバイジャンのバクーで開催された第37回世界新体操選手権(37th Rhythmic Gymnastics World Championships)の公式パートナーおよびタイムキーパーを務めました。この大会では、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスのディナ&アリーナ・アヴェーリナ選手が素晴らしいパフォーマンスで勝利を手にしました。 現チャンピオンとして出場した、このロシア出身の双子の姉妹は、バクーの体操競技場において、4つの金メダルを含む全7メダルを獲得し、圧倒的な勝利を手にしました。 この大会の一環として、スイス腕時計ブランドのロンジンは、傑出したエレガンスと魅力を備えた観客に贈られるロンジン エレガンス賞をアメリカ出身のローラ・ツェンさんに贈りました。 この国際大会は、ロンジン マスター コレクション ブルー エディションのレディースモデルに注目を集める絶好の機会でもありました。バクーで開催された第37回世界新体操選手権の公式パートナーおよびタイムキーパーを務めるロンジンは、光栄にもロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスの双子の姉妹、アリーナ&ディナ・アヴェーリナ選手の傑出したパフォーマンスを祝福しました。 ディナ・アヴェーリナ選手は、世界新体操選手権の5大会に出場し5つのメダルを獲得。その内4つが金メダルで、誰もが欲しがる個人総合優勝も果たしました。 アリーナ・アヴェーリナ選手は、ボールと個人総合ファイナルで準優勝となりました。 この大会の公式ウォッチは、ロンジン マスター コレクション ブルー エディションのレディースモデルです。これには、ダイヤモンドのインデックスを備えたサンレイ ブルーの文字盤と同じくブルーのアリゲーターストラップが付属しています。さらに、ロンジンは光栄なことに、ロンジン エレガンス賞をアメリカ出身のローラ・ツェンさんに贈りました。 彼女は、個人総合ファイナルの観客の中で、傑出した優雅さ、美しさ、調和を備えており、特にロンジンが大切にしている価値観である、エレガンスに秀でた女性でした。 ロンジン エレガンス賞の審査員は、国際体操連盟(FIG)会長の渡邊守成氏、ロンジン国際スポンサーシップ&イベントマネージャーを務めるベンジャミン・エビ、元新体操選手で今大会のアンバサダーを務めるヤナ・バテリシナ氏の3人が務めました。 1997年に創設されたロンジン エレガンス賞を象徴するトロフィーは、スイス人芸術家のジャン・ピエール・ガーバーがロンジンのために特別に制作したもので、体操の動きが表現されています。 受賞者には、このトロフィーに加えて、エレガントなロンジンのタイムピースと小切手も贈呈されました。ロンジンと体操また、ロンジンは国際体操連盟が開催する体操競技や新体操競技の大会で、30年以上にわたり公式パートナーと公式タイムキーパーを務めています。 これらの大会で、ロンジンは計時、スコアの表示、データ処理(スタートリスト、結果、メダル)のために必要なインフラと人員を提供しており、これをスクリーンや解説者の情報システムに表示することや、大会を放映するテレビ企業に送信することを行っています。

  • 09/15/2019

    障害飛越競技

    ロンジンFEIワールドカップ ジャンピング北米リーグ - ノース・セーラム

    2019年9月15日日曜日、ロンジンFEIワールドカップ™ ジャンピング北米リーグ(Longines FEI Jumping World Cup™ North American League)がニューヨークで開催され、米国人騎手のエリザベス・マッデン選手と彼女が騎乗したGarant号が勝利を収めました。 第2位はCaillou号に騎乗した米国人騎手のカール・クック選手、第3位はBrego R’n B号に騎乗した同じく米国人騎手のキャサリン・A・ディナン選手となりました。このシリーズのタイトルパートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチを務めるスイス腕時計ブランドのロンジンは、エレガントなタイムピースを贈呈し、勝者を称えました。 馬術関係者が一堂に会するこのワールドクラスのイベントはまた、公式ウォッチであるコンクェスト クラシック コレクションのレディースモデルを披露する絶好の機会となりました。 これは、モダニティとブランドを象徴する洗練さを巧みに融合したコレクションです。

  • 09/15/2019

    フラットレース

    ロンジン・アイリッシュ・チャンピオンズ・ウィークエンド

    ロンジン・アイリッシュ・チャンピオンズ・ウィークエンド(Longines Irish Champions Weekend)では、レパーズタウンで開催されたQIPCOアイリッシュ・チャンピオン・ステークス(QIPCO Irish Champion Stakes)でMagical号に騎乗したライアン・ムーア選手が優勝し、カラで開催されたComer Group International アイリッシュセントレジャー(Comer Group International Irish St Leger)では、Search For A Song号に騎乗したクリス・ヘイズ選手が優勝しました。 ロンジンは、この2つの由緒あるレースに勝利した馬の馬主、調教師、騎手に、ロンジンの腕時計を贈呈しました。 また、ロンジンはレパーズタウン競馬場とカラ競馬場でロンジン エレガンス賞を開催し、各日の最もエレガントな女性と男性にエレガントなタイムピースを贈呈しました。

  • 09/14/2019

    障害飛越競技

    ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・サントロペ

    今週末、のどかなパンペロンビーチを舞台に、世界トップクラスの騎手と競走馬がロンジン・アティナ・オナシス・ホースショー(Longines Athina Onassis Horse Show)に集結し、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー(Longines Global Champions Tour)の第17戦が開催されました。 このシリーズのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるロンジンは、週末のハイライトの試合となったロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・ラマチュエル/サントロペ・グランプリ(Longines Global Champions Tour Grand Prix of Ramatuelle/Saint-Tropez)で、RMF Zecilie号に騎乗したジェシカ・スプリングスティーン選手(米国)の見事な勝利を計測しました。 2位にはClaire Z号に騎乗したピーター・デヴォス選手(ベルギー)、3位にはHermes Ryan号に騎乗したシモン・ドレストア(フランス)が続きました。 この輝かしい勝利を称え、ジェシカ・スプリングスティーン選手には、ロンジン フランスのブランドマネージャーであるフレデリック・ボンドゥーよりエレガントなロンジンのタイムピースが授与されました。 この馬術大会の観客には、この大会の公式ウォッチであるアイコニックなハイドロコンクェスト コレクションのモデルが披露されました。 このシリーズは、翼のついた砂時計をロゴとするロンジンの際立った特徴である、クラシカルなエレガンスと時計製造の卓越性を合わせ持っています。 ウォータースポーツの魅力的な世界からインスピレーションを得たこのコレクションのタイムピースには、カラーセラミック製のインサートが付いたベゼルが付属しています。これは文字盤のカラーとマッチしており、モダンなデザインとスポーティなシルエットをもたらしています。 ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・ランキング全体では、シーズン上位2騎手のピーター・デヴォス選手(ベルギー)とベン・マー選手(ドイツ)の差はわずか1ポイントであり、激しい戦いとなっています。 ピーター・デヴォス選手は、土曜日に開催されたロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・グランプリ(Longines Global Champions Tour Grand Prix)で2位を獲得してポイントを278に増やし、227ポイントのベン・マー選手を抑えてランキングトップに立ちました。 ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーは、9月27日から29日までニューヨークで開催されます。ここでは2019年シーズンの決勝が行われ、観客たちは今シーズン全体のチャンピオンに輝く騎手を見届けます。 ジェシカ・スプリングスティーン選手は今回の勝利により、それまでのレースを勝ち抜いてきた強者たちが揃うロンジン・グローバル・チャンピオンズ・スーパー・グランプリ(Longines Global Champions Super Grand Prix)への最後のゴールデンチケットを手にしました。

  • 09/11/2019

    Corporate

    新しいオールブラックセラミック バージョンのロンジン ハイドロコンクェストが2019年ジュネーブ時計グランプリ(GPHG)のダイバーズウォッチ部門に事前選出

    ロンジンは、新しいオールブラックセラミック バージョンのハイドロコンクェストが2019年ジュネーブ時計グランプリ(GPHG)のダイバーズウォッチ部門に事前選出されたことを発表できることを大変光栄に思っています。 このタイムピースは、今年の初めに世界各国で発売されました。 世界各国の様々な分野の30人の専門家で構成されるジュネーブ時計グランプリ(GPHG)の審査員たちによって、完全に独立した方法で無記名投票が2回実施されます。 何世紀にも渡って時計製造を存続させてきた大胆な創造性、技術的および芸術的な天賦の才、情熱や専門性など、何を評価するかは審査員の自由です。 受賞モデルは、2019年11月7日木曜日に、ジュネーブのテアトル・デュ・レマンで開催される第19回ジュネーブ時計グランプリ(GPHG)の授賞式で発表されます。   新しいハイドロコンクェスト タイムピースについて 近年、ロンジンはカラーセラミックのインサートを採用したベゼルを特徴とするスマートなモデルを生み出し、ハイドロコンクェストラインに新たな輝きをもたらしました。 今日、ブランドはさらなる一歩を踏み出すべく、この卓越した素材を採用したオールブラックセラミック製モデルの文字盤にその化学成分、 ZrO2を高らかに表示します。 高性能で傷がつきにくいセラミックは、新しいハイドロコンクェスト ウォッチのスポーティでモダンな装いに完璧に合う素材です。 その大胆さは、さらに部品ごとに異なる仕上げ加工で高められています。マット仕上げの文字盤、ポリッシュ仕上げのケース、サテン仕上げのラウンドベゼル、ケースバックにはサーキュラーサテン仕上げとマット仕上げを組み合わせました。 ロンジンが製造したスポーツウォッチのアイコン的な代表作、ハイドロコンクェスト コレクションは、大海原を愛する人々の期待に応えながらもスイス時計ブランドのエレガンスを忠実に守っています。 ダイバーウォッチの伝統的なスタイルを守りながらも、新しいハイドロコンクェストはスポーツならではの必要条件からインスピレーションを得たタイムピースとなっています。 300m防水、逆回転防止ベゼル、ねじ込み式リューズ、ダブルセーフティ フォールディングクラスプなどはすべてこのタイムピースのスタイルを強調する特徴です。 3針およびカレンダーを備えたこのウォッチの43㎜ケースの内部には、ロンジンのために特別に開発された自動巻メカニカルムーブメント(L888.3)が搭載されています。 インデックスと針に塗布された明るいホワイトのスーパールミノバ®が、文字盤のディープブラックとのコントラストを描き出しています。 この新しいハイドロコンクェストには、最適な装着感を可能にするサイズ調整機能が付いたブラックのラバーストラップが付属しています。 強烈な個性とひときわ目立つラインを備えたこのオールセラミック バージョンは、パフォーマンスとエレガンスの融合を求めるマリンスポーツを愛する人たちにぴったりのモデルです。

  • 09/11/2019

    Corporate

    ロンジンがリヤドに新しいブティックをオープン

    9月11日水曜日、スイス腕時計ブランドのロンジンは、リヤド(サウジアラビア)に新しくオープンするブティックのオープニングセレモニーを行いました。 78平方メートルの広さを誇るこのストアには、ロンジンの最もアイコニックなウォッチの数々、そして最新モデルを含む幅広いセレクションが並んでいます。    このイベントの席上、ロンジン社長のウォルター・フォン・カネルは次のようにコメントしました。「 私たちはリヤドにこの新しいブティックをオープンし、このような高級感あふれる空間で皆さまにロンジンの世界、そしてロンジンのエレガントなコレクションをお楽しみいただけることを大変喜ばしく思っています。」 テープカット セレモニーに続いて、ゲストたちにこのエレガントなブティックとタイムピースが公開されました。%break%また、翼のついた砂時計のエンブレムを特徴とするロンジンは、このイベントのハイライトとして、ロンジンの最もアイコニックなシリーズ、ロンジン マスター コレクションの最新モデルを発表しました。 ロンジン専用に開発された新しい自動巻ムーブメントが搭載されたこの新しいウォッチは、ムーンフェイズ表示、および卓越した技術と伝統的なエレガンスの調和を作り出す洗練されたデザインを備えています。   この新しいロンジンのブティックは、リヤドパーク(2886 Northern Ring Branch Road Al Aqiq Riyadh 13511、6332 Riyadh)に開設されました。

  • 09/08/2019

    障害飛越競技

    Longines Global Champions Tour of Rome

    The sixteenth leg of the Longines Global Champions Tour gathered this weekend the world’s best riders and horses in the sumptuous arena of the Stadio dei Marmi, ringed by 60 classical marble statues depicting different sports. As the Title Partner and Official Timekeeper of the series, Longines is proud to have timed the victory of Ben Maher riding Explosion W in the weekend’s highlight trial, the Longines Global Champions Tour Grand Prix of Rome. The English rider finished ahead of Marlon Módolo Zanotelli on VDL Edgar M and Ludger Beerbaum on Cool Feeling, who secured the second and third place respectively. Longines Italy Brand Manager Fabrizio Giaccon presented Ben Maher with an elegant Longines timepiece as a reward for his great performance.   This victory handed him one of the last golden tickets to the Longines Global Champions Tour Super Grand Prix, where he will line up against the winners of the previous legs. Indeed, the winners of the previous legs will be invited to compete in the Longines Global Champions Tour Super Grand Prix, staged in the famous Czech capital Prague, to decide who will come out on top of the world’s best athletes.    In addition, the overall Longines Global Champions Tour ranking battle is an intense affair as there is one last leg before the Longines Global Champions Tour finale, held for the very first time in New York. Ben Maher is leading the charge with 277 points, ahead of Pieter Devos with 266 points and Daniel Deusser with 259 points.    The Official Watch of the Longines Global Champions Tour of Rome The Official Watch of the Italian leg is the Conquest V.H.P. “Very High Precision” blue dial model, which represents a new achievement in the field of quartz, combining great precision, high technicality, and a sporty look, marked by the brand’s unique elegance. This timepiece houses an exclusive movement, renowned for its high degree of precision for an analog watch (± 5 seconds/year) and its ability to reset its hands after an impact or exposure to a magnetic field, using the GDP (gear position detection) system. 

  • 09/07/2019

    アーチェリー

    アーチェリー ワールドカップ 2019 ファイナル

    アーチェリー ワールドカップ 2019(2019 Archery World Cup)は、4月末のコロンビアのメデリンでの開催を皮切りに、5月に中国の上海、トルコのアンタルヤ、6月にドイツのベルリンをまわり、今週、ロシアのモスクワでハイライトの決勝戦を迎えました。 コンパウンド部門では、サラ・ロペス選手(コロンビア)とマイク・シュロッサー選手(オランダ)がタイトルを獲得し、リカーブ部門では、カン・チェヨン選手(韓国)とブレイディ・エリソン選手(米国)がタイトルを獲得しました。   決勝戦の締めくくりとして、2008年よりアーチェリー ワールドカップの公式パートナーおよび公式タイムキーパーを務めるスイス腕時計ブランドのロンジンは、コンパウンド部門のアーチャーたちにロンジン プライズ フォー プレシジョンを授与しました。受賞者は、共に米国から出場したアレクシス・ルイズ選手とブラッデン・ゲレンティアン選手で、シーズン全体を通して“10点”を最も多く記録しました。 両者には、ロンジンの腕時計、トロフィー、小切手が贈られました。   ロンジンは、アーチェリー ワールドカップおよびアーチェリー世界選手権(Archery World Championships)において選手の競技時間を計測し、全試合結果を表示するという重要な役割を担っています。 アーチェリーは、ロンジンが創設以来掲げている価値観、すなわち正確さ、伝統、エレガンスを具現化するスポーツです。 アーチェリー選手が優れた成績を残すためには、弓と矢をトータルでコントロールする必要があり、これを達成するには集中力、バランス感覚、正確さが求められます。   アーチェリー ワールドカップ ファイナルの公式ウォッチ アーチェリー ワールドカップ 2019 ファイナルの公式ウォッチは、コンクエスト V.H.P.(Very High Precision:超高精度)コレクションのモデルです。このタイムピースは、優れた精度、高度な専門性、ならびにこのブランドならではの優美さを備えるスポーティなデザインを融合させた、クォーツの分野における新たな成果を体現しています。 シルバーの文字盤を備えたこのモデルには、アナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を誇る特別なムーブメントを採用。衝撃や磁場の影響にさらされても針をリセットする機能があります。 こうした魅力的な機能の数々がこのたぐい稀な優れた機構を支えており、これに加え、非常に長いバッテリー寿命やパーペチュアルカレンダーがその価値をいっそう高めています。