メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ニュース

  • 03/21/2021

    アルペンスキー

    FISアルペンスキー ワールドカップ ファイナル 女子&男子

    新型コロナウイルスの世界的大流行の影響を受けたものの、2020/2021年のFISアルペン世界選手権シーズンでは、ロンジンファミリーのメンバーを含む世界屈指のアスリートたちによる素晴らしいパフォーマンスを見ることができました。   ロンジンは、2020/2021年のFISワールドカップ総合ランキングでそれぞれ2位と4位となったマルコ・オーデルマット選手およびロイック・メイヤール選手を祝福いたします。マルコ選手は今シーズン10回以上表彰台に上がっており、そのうち3回優勝を手にしています(ジャイアントスラローム競技で2回、スーパーGで1回)。この非の打ちどころのない成績により、彼は今シーズンをジャイアントスラローム競技で2位、スーパーGで2位で終えました。   ロイック・メイヤール選手は、ジャイアントスラローム競技でクランスカ・ゴーラで2位、アデルボーデンで3位など、上位5位以内の成績を13回も獲得し、大成功のうちにワールドカップシーズンを終えました。   ロンジンファミリーに最近加わったのが、フランス出身のクレマン・ノエル選手です。彼が得意とするのはスラローム競技ですが、今シーズンは地元であるクランスカ・ゴーラとシャモニーですでに2度優勝しており、FISワールドカップシーズン最終戦も準優勝という素晴らしい結果で終えました。女子部門では、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスのミカエラ・シフリン選手が、フラッハウとヤスナでスラローム競技で2度優勝し、クールシュヴェルで行われたジャイアントスラロームで1度優勝。最終戦ではスラロームおよびジャイアントスラローム競技でいずれも準優勝を手にしました。   FISワールドカップの決勝は、ロンジンが「White Circus」に出場する若き才能あふれる選手たちと繋がりを持つ機会でもあります。ワールドカップに出場した若い男女のスキーヤーの中で最も優れた成績をおさめた選手には、ロンジン ライジング スキースター賞が授与されます(女性は21歳未満、男性は23歳未満)。ロンジンは、ロンジンの時計、トロフィー、小切手をアレックス・ヴィナツァー選手(イタリア)とアリス・ロビンソン選手(ニュージーランド)に贈呈しました。両選手とも2年連続での受賞となりました。   ロンジン & アルペンスキー 2006年以来、国際スキー連盟(FIS)の公式パートナーおよびタイムキーパーを務めるロンジンには、1924年にスイスのサンティミエで軍のスキーレースの計時を担当したことをきっかけに、スキー界に携わってきた長い歴史があります。今日までに、ロンジンはFIS世界選手権およびFISワールドカップでアスリートのパフォーマンスを計時し、記録するためにゲレンデで使用される数多くの革新的技術に影響を与えてきました。

  • 02/21/2021

    アルペンスキー

    FISアルペンスキー世界選手権:ロンジン スキーアスリートたちが大活躍

    この世界的なイベントで公式メインパートナーおよびタイムキーパーを務めたロンジンは、世界最高のスキーヤーたち、特にロンジン スキーアスリートらの素晴らしいパフォーマンスを計時することに大きな喜びを感じました。アメリカの天才スキーヤー、ミカエラ・シフリン選手が4個の、スイスの才気あふれるロイク・メイヤール選手が2個のメダルを獲得しました。 2021年FISアルペンスキー世界選手権は日曜日にイタリアのコルティーナ・ダンペッツォで終了しました。"ドロミテの女王"として知られる、ヴェネト州ベルーノ県北部にあるこの小さな町は、2週間におよぶエキサイティングなスポーツパフォーマンスのために集まった世界最高のスキーヤーたちを歓待しました。 世界中から最高のスキーヤーたちが集まり熱戦が繰り広げられた15日間に、ロンジンは偉大なスポーツの成果を計時し、その目撃者となりました。ロンジンは、合計6つのメダルを獲得したロンジン アスリートのミカエラ・シフリン選手とロイク・メイヤール選手を心から祝福する機会に恵まれました。 何よりもまず特筆すべきことは、ミカエラ・シフリン選手がその信じられないほど優れた才能によって、女子アルペンスキー複合の最高位を手にしたことです。彼女は女子ジャイアントスラローム競技で銀メダルを、スーパーGおよびスラロームで2つの銅メダルを獲得し、人々の記憶に残るパフォーマンスを終えました。 一方、スイス出身の24歳、才能あふれるスキーヤーであるロイク・メイヤール選手の懸命な努力は、男子アルペン複合および男子パラレルで2つの銅メダルとして実を結びました。 ロンジンはまた、男子ダウンヒルで4位入賞を果たしたスイス人スキーレーサー、マルコ・オーデルマット選手の活躍にも活気づけられました。 最後になりましたが、ロンジンは、スキースラロームを専門にするアスリートであり、新たに仲間入りしたばかりのフランス出身のクレマン・ノエル選手、スイス出身のメラニー・メイヤール選手の素晴らしいパフォーマンスも目にすることができました。 ロンジン& スキー  2006年から国際スキー連盟(FIS)の公式メインパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるロンジンは、1924年にスイスのサンティミエで軍のスキーレースの計時を担当したときに始まった、この分野で歴史を重ねてきた優れたそのノウハウを存分に駆使しています。今日、ロンジンは、アルペンスキーワールドカップおよび世界選手権のすべての大会で、大会成績を管理するための重要な要素を提供しています。  

  • 02/07/2020

    アルペンスキー

    2021年FISアルペンスキー世界選手権

    位置について、用意、ドン! 2021年2月7~21日にコルティーナで開催されることになっている次のFISアルペンスキー世界選手権(FIS Alpine World Ski Championships)まであと1年となりました。スポーツ、山、スキーを愛する世界中の多くの人々がこのスリリングな冒険の始まりを楽しみに待っています。 2021年コルティーナ財団が設計し、世界選手権の公式メインパートナーおよびタイムキーパーを務めるロンジンが提供する新しくなったデジタル時計が、この国際的な大会のカウントダウンを行います。 その間に、コルティーナではアウディFISスキーワールドカップ ファイナル(Audi FIS Ski World Cup Finals)の開催準備も進められます。   このカウントダウン時計はディボーナ広場(ここで今年の3月にアウディFISスキーワールドカップ ファイナルのビブドローセレモニーが開催予定)に設置され、本日午後6時30分にコルティーナ・ダンペッツォ市の市長であるジャンピエトロ・ゲディーナ氏、2021年コルティーナ財団のCEOであるヴァレリオ・ジャコッビ氏、2021年コルティーナのアンバサダーであるクリスティアン・ゲディーナ氏が出席し、多くの関係者、パートナー、町の人々、メディアなどが集まる中公開されました。   ロンジンのカウントダウン時計は、この国際的な大会の日付と時間、分をカウントダウンし、2021年2月7日日曜日、開会式の直前に0になります。 この期間中、カウントダウン時計はダンペッツォ ドロミテのユニークなスカイラインを描いた展示物内に取り付けられ、コルソ・イタリア通りを歩く人々がこのカウントダウンを目にすることになります。%break%   “世界選手権までのカウントダウンは、本日、2021年コルティーナ財団のCEOであるヴァレリオ・ジャコッベ氏の宣言により正式にスタートしました。 ディボーナ広場に設置されたロンジンのカウントダウン時計は、世界選手権が近づくにつれて町の人たちや観光客を盛り上げるだけでなく、パートナーの皆さまにとってもこの素晴らしい体験にさらなる価値を添えてくれる特別なアトラクションとなることでしょう。 次の365日間私たちは、私たちに課せられた大きな挑戦に応えるために懸命に努力を重ねていきます。   ロンジン社マーケティング部長、マシュー・バウムガートナーのコメント:「 2021年にコルティーナで開催されるFISアルペンスキー世界選手権の公式タイムキーパーとして、ロンジンはこの世界規模の大会に寄せられる期待に応えるため、本日ロンジンのカウントダウン時計を公開できたことを誇りに思っています。 2021年コルティーナでは、ロンジンが世界選手権の公式タイムキーパーを務めるのは24回目となります。今から365日の間、世界最高のスキー選手たちによるパフォーマンスを計時することを楽しみに待ちたいと思います。」   そして夜になると、デジタル時計を囲むように描かれた山々が輝きを増し、世界選手権を楽しみに待つすべての人々に魅力的な雰囲気を作り出してくれます。

  • 01/26/2020

    アルペンスキー

    FISアルペンスキー世界選手権 男子 - キッツビューエル

    今週末にキッツビューエルで開催のハーネンカム レース(Hahnenkamm races)の公式タイムキーパーを務めるスイス時計ブランドのロンジンは、FISアルペンスキー世界選手権(FIS Alpine World Cup)のスーパーG、ダウンヒル、スラロームの各レースの優勝者に、エレガントなロンジンのタイムピースを贈呈しました。土曜日には、ロンジン後援のキッツ チャリティ トロフィー(Kitz Charity Trophy)が開催されました。これは、難関コースのシュトライフでプロのスキーヤーと著名人が競い合うレースで、その収益は北チロル、東チロル、南チロルの農業を支援するために寄付されます。

  • 01/23/2020

    アルペンスキー

    ロンジン ハーネンカム フューチャー チャンピオンズ

    スイス時計ブランドのロンジンは、伝説のFISアルペン世界選手権がキッツビューエルで開催されるのに合わせて、2020年ロンジン ハーネンカム フューチャー チャンピオンズ(Longines Future Hahnenkamm Champions)レースの計時を担当することを光栄に思っています。 今年は、チロル チームが待望のタイトルを獲得し、オーストリア チーム2が2位、オーストリア チーム1が3位となりました。 その素晴らしいパフォーマンスに敬意を表し、優勝チームのメンバーそれぞれにロンジンのタイムピースが贈呈されました。ジャイアントスラロームとスラロームレースで構成されるこの大会には、16歳以下の男女混合チームが全部で8チーム参加しました。

  • 01/19/2020

    アルペンスキー

    FISアルペンスキー世界選手権 男子 - ヴェンゲン

    FISの公式パートナーおよび公式タイムキーパーを務めるロンジンは、ヴェンゲンで今週末行われた3つのレースで優勝した3名のスキー選手たちにエレガントなロンジンのタイムピースを贈呈しました。 金曜日に開催されたアルペン複合レースではオーストリア出身のマティアス・メイヤー選手が優勝し、一方で日曜日には地元の人々が熱狂的に応援する目前でスイス出身のビート・フズ選手がダウンヒルで3回目のワールドカップを制しました(2012年、2018年、2020年)。 この週末の締めくくりとして、フランス出身のクレマン・ノエル選手がスラローム競技で勝利を手にし、今シーズンのレースで自身2度目の優勝を飾りました。

  • 10/25/2019

    アルペンスキー

    ソールデンにてFISアルペンスキーワールドカップ2019/2020シーズンが開幕

    国際スキー連盟(FIS)の公式パートナーを務めるロンジンは、FISアルペンスキーワールドカップ(FIS Alpine Ski World Cup)やFISアルペンスキー世界選手権(FIS Alpine World Ski Championships)のアルペンスキー部門のレースに対応できる、スポーツ計時における専門的技術を持ち合わせていることを誇りに思っています。 また、ロンジンはロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスを務めるアメリカ人スキーヤーのミカエラ・シフリン選手、ロンジンファミリーの一員であるスイスのメラニー・メイヤールとロイク・メイヤール兄妹、マルコ・オーデルマット選手、フランスのマシュー・フェーヴル選手のパフォーマンスにも期待を寄せています。   オーストリアのソールデンで行われた2019/2020 FISアルペンスキーワールドカップの開幕に合わせて、ロンジンは今シーズンの公式ウォッチ、コンクエスト V.H.P. (Very High Precision:超高精度)として2つのレディース モデルを披露しました。一方は直径41㎜でシルバーの文字盤を備えており、もう一方は直径36㎜でダイヤモンドがセットされたマザー・オブ・パール文字盤を備えています。 どちらにもアナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を誇る特別なムーブメントが搭載されており、衝撃や磁場の影響にさらされても針をリセットする機能があります。 また、長いバッテリー寿命やパーペチュアルカレンダーも魅力的な機能です。   次世代のアスリートたちの成長を促進したいと思い続けているロンジンは再び、1月にキッツビュールで開催される伝説のワールドカップ ステージに合わせて、ロンジン フューチャー ハーネンカム チャンピオンズ大会(Longines Future Hahnenkamm Champions race)を開催し、若者たちをサポートします。 このレースは、16歳以下の有望な若手スキーヤーが参加する、2試合から成るチームイベントです。 これは、次世代のスキーヤーたちに、競技レベルでアルペンスキー スポーツに参加する機会を与えるものです。   さらに、ロンジンは、FISワールドカップ シーズン中に21歳未満の女性ベストスキー選手および23歳未満の男性ベストスキー選手を対象にしたロンジン ライジングスキースター賞を贈呈する予定です。 受賞者には、2020年3月にシーズン最終戦となるイタリアのコルティーナ・ダンペッツォにて、ロンジンの時計、トロフィー、小切手が贈られます。

  • 03/17/2019

    アルペンスキー

    The 2019 Longines Rising Ski Stars prizes awarded to Meta Hrovat and Clément Noël

    FISアルペンスキーワールドカップ(FIS Alpine Ski World Cup)の公式タイムキーパーであるスイス時計ブランドのロンジンは、本日アンドラのソルデュで行われた最終戦で、ロンジン ライジング スキー スター賞を授与する栄誉に預かりました。 シーズン中のFISアルペンスキーワールドカップのレースに出場したすべての選手の中から、女性は21歳未満、男性は23歳未満の最優秀スキーヤーを選出するこの賞が、スロベニアのメタ・フロバト選手とフランスのクレマン・ノエル選手に贈られました。 2018年および2019年のFISジュニアワールドカップ選手権(FIS Junior World Championships)のスラローム競技で2回の優勝を果たしたメタ・フロバト選手は、スラロームおよびジャイアントスラローム部門で4回もトップ10入りし、今シーズンのFISスキーワールドカップを総合3位の成績で終えました。一方、クレマン・ノエル選手はヴェンゲン、キッツビューエル、ソルデュのスラローム競技で3勝を飾り、今シーズンのツアーで自己最高記録を達成しました。 将来有望なこの2人のアスリートには、ロンジン副社長のチャールズ・ヴィロズからロンジンの時計、トロフィー、小切手が手渡されました。 この祝典は本日、2018/2019年FISスキーワールドカップ総合で連覇を達成したロンジンのアンバサダー・オブ・エレガンス、ミカエラ・シフリン選手とマルセル・ヒルシャー選手にそれぞれの素晴らしいパフォーマンスを称えてエレガントなタイムピースが贈られた全体の受賞式に続いて行われました。

  • 02/09/2019

    アルペンスキー

    ロンジン、アンバサダー・オブ・エレガンスのアクセル・ルンド・スビンダルをその類いまれなキャリアで称賛

    FISアルペンスキーワールドカップで17年のキャリアを誇る、ノルウェー人スキーチャンピオンのアクセル・ルンド・スビンダルが今日、2019年FISアルペンスキー世界選手権オーレ大会にて自身最後となるレースに参加し、待望のダウンヒルレースで第2位に輝きました。 2007年よりスポーツにおけるロンジンのエレガンスを体現してきたアクセル・ルンド・スビンダルは、今日までにFISアルペンスキーワールドカップで386レースを完遂、36勝を称えました。 彼の最大の功績には、2006/07年および2008/09年シーズンのFISアルペンスキーワールドカップでの総合優勝、FISアルペンスキー世界選手権での5つの金メダル、2010年オリンピックのスーパー大回転での優勝、2018年平昌オリンピックのダウンヒルでの優勝などが挙げられます。 そのキャリアの中で、アクセル・ルンド・スビンダルは、特に2016年キッツビュールでの衝撃的なクラッシュなど、重傷を喫した後に見事なカムバックを果たすという驚くべき復活劇を見せました。

  • 01/27/2019

    アルペンスキー

    FISアルペンスキー世界選手権 男子 - キッツビュール 2019

    FISの公式パートナーおよびタイムキーパーであるロンジンは、今週末キッツビュールで開催されたハーネンカム レース(Hahnenkamm races)で、その専門技術を駆使して計時を務める栄誉に預かりました。ダウンヒル レースはドミニク・パリス選手(イタリア)、スラローム レースはクレマン・ノエル選手(フランス)、スーパーG レースはヨゼフ・フェルストル選手(ドイツ)がそれぞれ勝利を手にしました。 これとは別に、ロンジンはキッツチャリティー トロフィー(Kitz-Charity Trophy)へのサポートも行いました。これは、難関コースのシュトライフでプロのスキーヤーと著名人が競い合うレースで、その収益は北、東、南チロルの農家を支援するために寄付されます。