メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ニュース

  • 02/10/2017

    アルペンスキー

    ロンジン、アルペンコンバインド世界選手権にてコンクェスト クラシック コレクションのモデルを授与

    副社長兼国際マーケティング統括であるファン・カルロス・カペリが代表して、ロンジンは、2017年アルペンコンバインド世界選手権で勝利を収めたスイス人スキーヤーのウェンディー・ホルドナー選手に、コンクェスト クラシック コレクションの限定モデルを贈呈しました。このモデルは、ロンジンがスイス時計ブランドとして公式パートナーと公式タイムキーパーを務める2017年FISアルペンワールドスキーチャンピオンシップのサンモリッツ大会の雰囲気が漂う男女兼用ウォッチです。アルペンスキーをこよなく愛し、世界選手権のレースの熱狂も味わっている、タイムレスにエレガントなウォッチを着けたいと思うすべての人のために特別にデザインされた腕時計です。

  • 02/06/2017

    アルペンスキー

    エンガディン地方で開催されるロンジンとサンモリッツとの交流を記念した写真展

    サンモリッツの公式ウォッチとしてのパートナーシップ、さらに、2月19日まで行われる2017年FISアルペンスキー世界選手権を記念して、ロンジンは、象徴的なスイスのアルペンリゾートの中心にあるシュールハウス広場で写真展を開催します。写真展は、ロンジンとサンモリッツを1世紀以上つないできた絆をテーマにしています。サンモリッツの公式ウォッチとしてのパートナーシップ、さらに、2月19日まで行われる2017年FISアルペンスキー世界選手権を記念して、ロンジンは、象徴的なスイスのアルペンリゾートの中心にあるシュールハウス広場で写真展を開催します。写真展は、ロンジンとサンモリッツを1世紀以上つないできた絆をテーマにしています。 1894年、ロンジンはサンモリッツに手巻きのロンジンムーブメントを備えた2つのタイムピースを寄贈しており、これらは実際の計時に使用されました。これを機会に、多岐にわたるスポーツイベントで計時として参加する定期的なパートナーシップが生まれたのです。1954年には、ロンジンはすでにサンモリッツの公式タイムキーパーとしての役割を担っていました。 現在、ロンジンは、2月6日から19日まで開催される2017年FISアルペンスキー世界選手権の公式パートナーと公式タイムキーパーを務めています。乗馬スポーツに関しては、スイス製時計ブランドとしてロンジンCSIサンモリッツ障害飛越大会のタイトルパートナーを務めているほか、村の凍結した湖の上で開かれるユニークな乗馬レース、ホワイトターフおよびナイトターフ サンモリッツにも携わっています。

  • 01/13/2017

    アルペンスキー

    Longines’ first known involvement in alpine skiing dates back to 1924

    The Longines factory provided the timekeeping equipment for the military ski races held in Saint-Imier on 13 January 1924. There was a full programme, with races in the morning, an official meal, a jumping competition in the afternoon, a concert and a dance evening. This was Longines’ first known involvement in timekeeping for skiing events.