メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

アーチェリー ワールドカップ 2019 ファイナル

アーチェリー

09/07/2019

米国のアレクシス・ルイズ選手とブラッデン・ゲレンティアン選手に2019年ロンジン プライズ フォー プレシジョンを授与

アーチェリー ワールドカップ 2019(2019 Archery World Cup)は、4月末のコロンビアのメデリンでの開催を皮切りに、5月に中国の上海、トルコのアンタルヤ、6月にドイツのベルリンをまわり、今週、ロシアのモスクワでハイライトの決勝戦を迎えました。 コンパウンド部門では、サラ・ロペス選手(コロンビア)とマイク・シュロッサー選手(オランダ)がタイトルを獲得し、リカーブ部門では、カン・チェヨン選手(韓国)とブレイディ・エリソン選手(米国)がタイトルを獲得しました。

 

決勝戦の締めくくりとして、2008年よりアーチェリー ワールドカップの公式パートナーおよび公式タイムキーパーを務めるスイス腕時計ブランドのロンジンは、コンパウンド部門のアーチャーたちにロンジン プライズ フォー プレシジョンを授与しました。受賞者は、共に米国から出場したアレクシス・ルイズ選手とブラッデン・ゲレンティアン選手で、シーズン全体を通して“10点”を最も多く記録しました。 両者には、ロンジンの腕時計、トロフィー、小切手が贈られました。

 

ロンジンは、アーチェリー ワールドカップおよびアーチェリー世界選手権(Archery World Championships)において選手の競技時間を計測し、全試合結果を表示するという重要な役割を担っています。 アーチェリーは、ロンジンが創設以来掲げている価値観、すなわち正確さ、伝統、エレガンスを具現化するスポーツです。 アーチェリー選手が優れた成績を残すためには、弓と矢をトータルでコントロールする必要があり、これを達成するには集中力、バランス感覚、正確さが求められます。

 

アーチェリー ワールドカップ ファイナルの公式ウォッチ

アーチェリー ワールドカップ 2019 ファイナルの公式ウォッチは、コンクエスト V.H.P.(Very High Precision:超高精度)コレクションのモデルです。このタイムピースは、優れた精度、高度な専門性、ならびにこのブランドならではの優美さを備えるスポーティなデザインを融合させた、クォーツの分野における新たな成果を体現しています。 シルバーの文字盤を備えたこのモデルには、アナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を誇る特別なムーブメントを採用。衝撃や磁場の影響にさらされても針をリセットする機能があります。 こうした魅力的な機能の数々がこのたぐい稀な優れた機構を支えており、これに加え、非常に長いバッテリー寿命やパーペチュアルカレンダーがその価値をいっそう高めています。