メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ニュース

  • 01/26/2021

    Award

    2020 ロンジン ワールドレーシングアワード授賞式を開催

    1月26日、世界中のホースレースファンが見守る中、2020 ロンジン ワールドレーシングアワードが初めてオンラインで開催されました。スイス腕時計ブランドのロンジンと国際競馬統括機関連盟(IFHA)が共同で開催したこの授賞式は今回で8回目となり、昨年秀でた成績を残した競走馬、ホースレース、そして騎手が表彰されました。   授賞式は、イギリスのニューマーケットにある国立競馬博物館でフランチェスカ・クマーニ氏が司会を務める中開催され、2020 ロンジン ワールド’のベストレースホースには、Ghaiyyath号 (愛)、2位にはAuthentic号 (米)が選ばれました。   2020 ロンジン ワールドでベストホースレースに選ばれたGhaiyyath号 は、G1ジュドモント インターナショナル ステークス(Juddmonte International Stakes)で、レーティング130を獲得しました。アイルランド生まれのこの競走馬は、ドバイのメイダン競馬場で行われたG3ドバイミレニアムステークス(Dubai Millennium Stakes Sponsored by Jaguar)からシーズンを開始しました。そして、この5歳の競走馬は2000m競技で2分00秒33という新記録を樹立しました。ドバイで勝利を収めた後、ヨーロッパへと凱旋したチャンピオン馬はG1コロネーションカップ(Hurworth Bloodstock Coronation Cup Stakes)で優勝し、G1コーラルエクリプスステークス(Coral-Eclipse)で2019ロンジン ワールドベストレースホースを共同受賞したEnable号を破りました。 2020年の世界第2位のレーティングを獲得した Authentic号は、G1ロンジン ブリーダーズカップ・クラシック(Longines Breeder Cup Classic)の1 ¼マイルのレースを1分59秒60という成績で完走し、レーティングを獲得しました。Authentic号のレーティングは、ダートホースとして、そして3歳馬としては2020年の世界1位です。Authentic号は、同年にケンタッキーダービー(Kentucky Derby)とブリーダーズカップ・クラシックの両方を制覇しており、これは2015ロンジン ワールドベストレースホースを受賞したAmerican Pharoah号以来です。ロンジン ワールドベストレースホース ランキングは、代表レースでの競走馬のパフォーマンスに基づき、国際ハンディキャップ委員が設定します。前回はCrystal Ocean号(英)、Enable号(英)、そしてWaldgeist号(仏)が共同受賞馬として、2019ロンジン ワールド ベストレースホースを受賞しました。   2020ロンジン ワールドレーシングアワードでは、フランキー・デットーリ選手が、同年のベストジョッキーとして表彰されました。デットーリ選手は、2014年に設立された同タイトルを4度受賞した唯一の騎手で、今回で3年連続の受賞となります。ロンジンワールド ベストジョッキー賞は、トップ100に格付けされたグループ1とG1レースでのパフォーマンスに基づいて決定されます。これは、ロンジン・ワールド・ベスト・ホース・ランキング委員会によって1年間設定されます。   さらに、ロンジンとIFHAは、レーティング125.25を獲得したイギリスのヨーク競馬場で開催されたG1ドモント インターナショナル ステークスを2020ロンジン ワールド’ベストホースレースとして表彰しました。 ロンジン ワールド ベスト ホースレースアワードは、国際ハンディキャップ委員会によって設立された、最高ランクの国際G1レースの中で最高のレースを認定する賞です。各レースのトップ4の格付けが評価の基準となります。同タイトルをイギリスのレースが獲得したのは初めてのことです。2015年、2017年、2018年、2019年には、フランス’のG1カタール・パリ’凱旋門賞(Qatar Prix de l'Arc de Triomphe)が受賞し、2016年にはアメリカ’のG1ブリーダーズカップ・クラシックが受賞しています。   2020 ロンジン ワールドレーシングアワードの表彰式を再視聴するには、こちらをクリックしてください。

  • 12/14/2020

    Award

    セミーケ・ローテンベルガー選手が2度目のロンジンFEIライジングスター賞を受賞

    FEI’のトップパートナーであるロンジンは、光栄にもFEI アワードに参加し、ロンジン ライジングスター賞という5つの部門の中の1つの賞を贈呈しました。今年はパンデミックの影響によりガラ・ディナーがキャンセルされたため、イギリス人パラリンピックメダリストであるナターシャ・ベイカー選手によるナレーションの入った動画の中でオンラインで受賞者が発表されました。2009年より続くこの賞は、乗馬スポーツの繁栄や卓越性に多大な貢献をした人や組織に贈られています。これに関連して、乗馬スポーツで傑出した才能を発揮している14~21歳までのアスリートを讃えるロンジン ライジングスター賞には、光栄にもロンジンの社名が入っています。スイスの時計製造業ブランドであるロンジンは、スポーツに励み、自己ベストの更新を志す若者を応援することを常に切望しています。この賞は、ドイツ出身のドレサージュ騎手、セミーケ・ローテンベルガー選手に2年連続で贈呈されました。ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスであるゾンケö・ローテンベルガー’選手の妹である彼女は、母国ドイツで、家族がこの賞のサプライズ スピーチをした時に感動を隠しきれない様子でした。“多’くの方々が私に投票してくださったこと、そしてこんなにも多くのファンに支えられていることを心より感謝します” とセミーケ・ローテンベルガー選手はコメントしています。“ 私の兄など、この部門には多くの素晴らしいアスリートがいるため、私がこの賞を受賞することは非現実的であるように思われました。öそのため、’この賞を再び頂けるとはまったく予想していませんでした。”FEI ヨーロッパチャンピオンシップの若手騎手部門を含むすべての若手部門において、22のメダルを獲得したこの21歳の メダリストには、将来さらに大きな目標があります。  総合馬術競技のレジェンドであるイングリッド・クリムケ選手(Peden Bloodstock FEI ベストアスリート賞)、アンジェリカ・トラバート選手(FEI アゲインスト・オールオッズ賞)、エボニー ホースクラブ(FEI ソリダリティ賞)らと共に、セミーケ選手には、受賞のお祝いとしてエレガントなロンジンのタイムピースが授与されました。“セミーケ・ローテンベルガー選手’の乗馬スポーツへの献身を祝福できたことは、本当に喜ばしいことです。ロンジンは、彼女の強い意志、情熱、そしてエネルギーがスポーツのキャリアにおいて、彼女を最高の地位へと導くと確信しています” とロンジン社マーケティング部長のマシュー・バウムガートナーはコメントしています。  2018 FEI アワードセレモニーの動画リンク: https://www.youtube.com/watch?v=NcTSjL7bx2E