メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ニュース

  • 12/28/2021

    Corporate

    国内最高ランクのスキーリゾートキロロとのパートナーシップについてのお知らせ

    185年以上の歴史と伝統を持つスイスの名門時計ブランド、ロンジンは、このたび北海道にあるキロロリゾートとパートナーシップをスタートいたしました。 1878年に懐中時計のクロノグラフを開発して以来、自社の専門的な技術に基づき長きにわたり数々のスポーツの公式計時を果たしてきたロンジン。現在では、スポーツにおける国際的チャンピオンシップのタイムキーパー、国際スポーツ連盟のパートナーとして、数多くの経験を誇ります。 ウィンタースポーツの世界においても、1832年のアルペンスキー世界選手権大会を皮切りに、国際スキー連盟(FIS)のオフィシャルパートナーとして、またアルペンスキーのワールドカップおよび世界選手権においてタイムキーパーを務めています。   そんなロンジンが、国内でも最高ランクに値する雪質と施設を誇るキロロリゾートをパートナーとし、この冬よりロンジンの三面時計がゲレンデに登場しました。 初心者から上級者までレベルを問わず、誰にでも上質なウィンタースポーツを楽しめる機会を提供するキロロの妥協のない精神は、長い歴史に根差しながらも正確性とデザインの両面を革新しつづけるロンジンの姿勢と通じるものがあります。 スポーツ計時の世界でも長く信頼を寄せられている精度を誇るロンジンの時計が、ゲレンデのミーティングポイントで皆様をお待ちしております。各施設の入り口にもそれぞれロンジン時計がセットされ、利用される方々のアクティビティの合間に時間をお知らせいたします。   【KIRORO RESORT】 北海道トップクラスの雪質を誇るスキー場「キロロ スノーワールド」、ゲレンデ直結の「シェラトン北海道キロロリゾート」、温泉・プールなどが楽しめる「キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道」(2020ワールドスキーアワード「日本のベストスキーホテル」受賞)、高級コンドミニアムスタイルホテル「YU KIRORO」の3つの宿泊施設からなる通年型マウンテンリゾートです。『FIVE STAR BY NATURE』をテーマに、プレミアムな空間で隠れ家のようなくつろぎを体験してください。 キロロは生まれながらの5つ星リゾートなのです。https://www.kiroro.co.jp/ja/

  • 12/18/2020

    Corporate

    台湾で新たにグランドオープンしたロンジン ブティックとロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスであるリン・チーリン

    2020年12月18日、スイス腕時計ブランドのロンジンは、台湾の台北市にある遠百信義A13に新たなブティックをオープンしました。ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスであり、有名女優であるリン・チーリンを招き、オープニングイベントが行われました。ロンジンの’時代に左右されないエレガンスを忠実に表現したこのブティックには、温かくお客様をお迎えする雰囲気があり、’ ロンジンの様々なコレクションを取り揃えています。子供たちによる’ 歌や踊りのパフォーマンスから始まり、そこにリン・チーリンが参加したことで、会場は大いに盛り上がりました。エレガントなブラックドレスに身に包んだリン・チーリンは、ロンジンの’ スローガンである “「Elegance is an attitude」”を見事に体現しています。彼女の手首を飾るのは、ロンジン スピリット コレクションのブラックの文字盤とレザーストラップ:“ 私がクリスマスプレゼントに時計を贈るとするなら、’ロンジン スピリットを選びます。このコレクションに受け継がれるパイオニア精神がとても魅力的で、現代的なデザインがとても気に入っています。”同イベントは、貧しい子供たちの支援を目的としたリン・チーリン・’チャリティー・ファンデーションをロンジンがサポートする機会でもありました。スウォッチグループ台湾 カントリー・マネージャーであるハイディ・チュは、ロンジンを代表し、リン・チーリンの基金に’寄付を行いました。さらにロンジンは、リン・チーリンのサインが入った2021年版カレンダーやカードを含むチャリティー ギフトセットの制作に携わりました。12月18日から1月31日まで、これらのギフトは、ロンジン スピリットの時計を台湾の新しいブティックでお買い上げ頂いたお客様にプレゼントされます。ホリデーシーズンが間近に迫るこの機会に、ロンジンは、“シーズンズ’・グリーティング・ウォッチ・エキシビション” を1月3日まで遠百信義A13の1階で開催しています。展示会では、ロンジン マスター コレクション、ラ グラン クラシック ドゥ ロンジン、ロンジン ドルチェヴィータ、ロンジン スピリットなどの、ロンジンのブルーの文字盤が特徴的なコレクションにスポットライトを当てています。

  • 11/26/2020

    Corporate

    ロンジン ブティック 銀座 のご紹介

    「伝統・エレガンス・性能」をテーマに時計を作り続ける、185年以上の歴史を誇るスイスの名門時計ブランド、ロンジン。   その豊かな世界観を表現した日本唯一のフラッグシップブティックであるロンジン ブティック 銀座は、国内随一の品揃えときめ細やかなサービスでお客様と特別な時間を共有しながら、ロンジンの世界を感じていただく場をご提供いたします。 【ケース・ブレスレットの無料仕上げサービス】 ロンジンブティック 銀座にてご購入いただいた時計には、「ケース・ブレスレットの無料仕上げサービス」を無料提供させていただいております。受付は、同店にて承ります。   ● 作業にあたり、防水性やブレスレットのネジなどの外装品のチェックを致しますので、商品の状態によりパーツの交換などが発生する場合があります。「保証カード」による保証の適用範囲内でご対応ができる場合がございますので、お申込みの際は「保証カード」を合わせてご持参ください。 ● 時計の素材によっては、仕上げサービスが出来かねる場合がございます。その場合はクリーニングのみ実施いたします。 ● 本サービスは2020年9月5日(土)より開始致しました。有効期限は、ご購入日より2年間です。   【ブティック限定コレクションのご案内】   現在、ロンジン ブティック銀座では日本国内では唯一、ロンジン イクエストリアン ポケットウォッチ コレクションをお取扱いしております。   ロンジンは、19世紀の始まりから今日まで、乗馬の世界に対する深い情熱を持ち続けています。 それは、馬や騎手を描いた気品ある彫刻で時計を装飾することにより表現されたこれらのポケットウォッチからも垣間見ることができます。   これらのコレクションの一部は再解釈され現在、ロンジン イクエストリアン ポケットウォッチ コレクションとしてそれぞれ世界限定20本のみ製造されています。1本1本にシリアルナンバーが刻印されたこのコレクションは、 18Kローズゴールド製でロンジンエクスクルーシブの手巻きキャリバーが搭載されています。   是非一度、ロンジン ブティック銀座にてご覧ください。 %break% 〒104-8188 東京都中央区銀座7-9-18 ニコラス・G・ハイエックセンタービル 4F 03 6254 7377 Boutique.Ginza.Jp@longines.com 営業時間 月曜日 - 土曜日: 11:00 – 20:00 日曜日: 11:00 – 19:00

  • 08/25/2020

    Corporate

    ロンジン ヘリテージ ミリタリー “マリン ナショナル”

    コニャックカラーのレザーストラップとゴールドオパーリンの文字盤を持つロンジン ヘリテージ ミリタリー “マリン ナショナル”は、現代におけるデザイン的かつ技術的なポイントを満たしながらも、インスピレーションの基となったミリタリー時計本来の形に忠実に作られました。秒針も、カウンターウエイト付きのものを採用しています。   1947年にフランス海軍の部隊は、ロンジンに堅牢かつ精密な、乗組員向けの時計を作るように依頼しました。それに応える形で作られたオリジナルの33.50mm径タイプは、ロンジンの歴史的な12.68Nムーブメントをセットした、ミリタリーモデルらしい堅牢なケースとベゼルを持つ時計となりました。 ケース背面に刻まれた、Marine Nationaleを示す”M.N”の文字がその証となっています。ダイアルには、スイスメイドを表す“Longines FAB. SUISSE”の文字が記されました。   今回の38.50㎜径モデルは、そのタイムキーパーを再創造したものです。 オリジナルに見られる特徴的ポイントが、今回のロンジン ヘリテージ ミリタリー “マリン ナショナル”の随所にあしらわれています。オリジナルと同様にダイアルには日付表示を入れず、ケースバックもねじこみ式です。ブラウンのスーパールミノバのコーティングを施された針とアワーサークルを配した味わいのあるダイアルの上には、ドーム型のサファイアクリスタルが配されています。ムーブメントは、ロンジンのためにエクスクルーシブで開発された、シリコン製ヒゲゼンマイを使用した自動巻きL888.5キャリバーを搭載しています。   フランス海軍との奥深いストーリーと歴史という魅力的な背景を持った、ロンジン ヘリテージ ミリタリー “マリン ナショナル”。特にヘリテージウォッチファンは必見のウォッチです。

  • 08/14/2020

    Corporate

    中国蘭州に最新ブティックがグランドオープン、アンバサダー・オブ・エレガンスのチャオ・リーインと共に祝う

    中国の蘭州市にロンジンの最新ブティックがグランドオープン。女優として高く評価され、2017年からロンジンのアンバサダー・オブ・エレガンスを務めるチャオ・リーインも駆け付け、ダイヤモンドが輝くラ グラン クラシック ドゥ ロンジンを身に着けて登場。オープニングにエレガンスと洗練されたムードをもたらしました。62平方メートルの広さを誇るこのブティックは甘粛省蘭州市七里河区にあり、ロンジンの伝統的な価値観を反映したエレガントな空間でさまざまなコレクションをご覧いただけます。   テープカットセレモニーに加えて、チャオ・リーインは8月26日まで中国各地の8つの場所で行われるチャイニーズ・バレンタインデー・ロードショーの開幕にも出席しました。「中国のバレンタインデーでペアウォッチを贈ることには、ロマンチックで大きな意味が込められています。なぜなら、時計は恋人たちが分かち合う大切な時間と深いつながりを象徴するものだから」とリーインは述べています。

  • 07/21/2020

    Corporate

    原点に立ち返る ロンジン アヴィゲーションウォッチ タイプA-7 1935

    ロンジン アヴィゲーションウォッチ タイプA-7 1935は航空の最盛期に想いを馳せたモデルです。ロンジンは、20世紀初頭から航空界またそれに携わった飛行家たちを密接に関わっていました。その中でも1935年に米空軍から発注を受けたモデルからインスパイアされ誕生したのがこのタイムピースです。オリジナルモデルは、米空軍による呼称「タイプ A-7」ウォッチの認証を得るため、過酷な状況下でも精度が落ちず視認性を保つ厳格な規格を通っていました。   そんなオリジナルモデルの意匠を受け継いだ今作は、ブラックの40°右傾した文字盤が特徴的です。この個性的なデザインは、パイロットが手首の内側に装着することで、操縦桿から手を放すことなく情報を視認できるように工夫されたものです。   フライトグローブを着用したまま操作できるように大ぶりになったリューズは12時位置に備え付けられており、一つのボタンで様々なクロノグラフ機能を操作することができます。そのような意匠も今作に忠実に引き継がれています。   直径41mmのステンレススティール製ケースにはエクスクルーシブのコラムホイールクロノグラフムーブメントL788.2が搭載されています。   また、オリジナルモデルの復刻版として大き目のアラビア数字インデックスとミニッツサークルは高い視認性を発揮し、マットブラックの文字盤に映えています。全体の控えめなバランスの中でひと際目を引くカテドラル型の針はスーパールミノバ®®が塗布されています。

  • 06/23/2020

    Corporate

    ロンジン ヘリテージクラシック“タキシード”

    ロンジンは、1940年代の自由を取り戻した社会の空気管からインスピレーションを得て、新作2本を発表しました。一目見るだけで、当時ジャズクラブに足しげく通っていた人々の腕元を創造することができます。オリジナルモデルは、その黒と白のコントラストがイヴニングに着用するスーツを連想させることから、コレクターたちによって「タキシード」と命名されました。   オリジナルモデルのデザインに敬意を表し、新作は自動巻モデルにもかかわらず、「Automatic」とう文字を入れないなど、できるだけ忠実に復刻するように注力しました。またデイト表示を無くしたりセミマットのブラックレザーストラップを付属させたりするなどの工夫も施されています。   このコレクションは、3針モデルとクロノグラフモデルの2バージョンが用意されています。   3針モデルは、40年代当時によく見られ人気だったデザインを踏襲しています。オパーリンシルバーディスクの周囲には、マットブラックの輪が組み合わさっており、スーパールミノバ®が塗布された細いバトン型の針が配されています。そして、絶妙な位置にある6時位置のスモールセコンドカウンターが、エクスクルーシブキャリバーL893.5を搭載した38.5mmのケース全体に調和を与えています。   クロノグラフモデルは、マットブラックとオパーリンシルバー、そしてミッドナイトブルーのエレガントな配色が全体に洗練性を与えています。また文字盤はいくつかの層に分かれており、周囲はタキメーターの目盛りがオリジナル同様に記されています。ロンジン ヘリテージクラシック クロノグラフ ”タキシード”は、40mmのケース内にシリコン製ヒゲゼンマイを使用したエクスクルーシブムーブメント(L895.5)が搭載されています。   はっきりとしたコントラストが目を引くモノクロダイアルを持つこれらの2本の新作は、まさに色鮮やかに彩られた狂騒の宴を思い起こさせるタイムピースです。

  • 06/18/2020

    Corporate

    ロンジン、上海新世界 ブティックのリニューアルオープンをアンバサダー・オブ・エレガンスのチャオ・リーインと共に祝う

    6月18日水曜日、ロンジンは上海新世界 ブティックのリニューアルオープンを、中国人女優でロンジンのアンバサダー・オブ・エレガンスを務めるチャオ・リーインと共に祝いました。     上海新世界にあるリニューアルオープンしたロンジン ブティックは73平方メートルの広さを誇り、ロンジンの最もアイコニックなウォッチの数々、そして最新モデルを含む幅広いセレクションが並んでいます。   この機会に、時計メーカーのロンジンとそのアンバサダーであるチャオ・リーインは、このブティックに隣接する場所で開催される新しいロンジン ドルチェヴィータ コレクションのエキシビションを披露しました。 長方形のケースを特徴とするロンジン ドルチェヴィータ コレクションは、イタリアの「甘い生活」にインスパイアされており、そのアイデンティティを失うことなく長年進化し続けてきました。 チャオ・リーインは、このシリーズについて次のように述べています:「 “ 私はこの交換可能なカラーストラップがとても気に入っています。これによってさまざまな場面やスタイルに合わせて時計を時計をパーソナライズすることができます。 ロンジン ドルチェヴィータ ウォッチは、それぞれの女性が持つエレガンスを見事に表現しています。」”   ロンジン ブティックは、上海市南京西路2-68号にある上海新世界の 1階に位置しています。 また、上海新世界では、6月16日~28日の間、ロンジン ドルチェヴィータ コレクションのエキシビションを開催しています。

  • 06/10/2020

    Corporate

    エレガントでタイムレス、フラッグシップ ヘリテージのブラックモデル

    1957年、フラッグシップ コレクションはロンジンによる初期コレクションの一つとして誕生しました。 艦隊の最高司令官の旗がたなびく帆船がその名の由来となっています。 堂々たる名を冠したこのコレクションは、1950年代から翼のついた砂時計をモチーフとするロンジンの至宝です。 当初は男性向けに制作され、現在では女性のお客様にも愛される時計となっています。   タイムレスでユニセックスなデザインを再解釈した新モデルは、コレクターからも高く評価されている1957年のブラックの文字盤を備えた希少モデルがインスピレーション源となっています。 卓越した専門技術とエレガンスを兼ね備えたオールブラックの新たなフラッグシップ ヘリテージの魅力を、ヴィンテージウォッチを愛するすべての皆様へとお届けします。   新モデルは自動巻メカニカルムーブメント(L615)を搭載。直径38.5㎜のステンレススティール製ケースを備えています。 本コレクションの特徴でもある面取りを施したホーンが洗練されたスタイリッシュな表情を作り出します。   デザインはオリジナルモデルを忠実に再現。ブラックラッカーにポリッシュ仕上げを施したドーム型文字盤に、ファセットカットのインデックスがアクセントになっています。 6時位置に日付表示と小さな秒針を配し、“Flagship” の文字があしらわれています。いずれも1950年代の時計製造が持つ美学を象徴しています。 落ち着いた雰囲気を引き立てるドルフィン針が特徴。サファイアクリスタルガラスには反射防止加工を施しています。 ねじ込み式のケースバックには、コレクションのエンブレムとなるゴールドの帆船がブルーのエナメル装飾とともにあしらわれています。 ブラックのレザーストラップには上質なベージュのステッチを施し、ピンバックルを配しています。   フラッグシップ ヘリテージ コレクションは、これまでにクリームカラーの文字盤のスティールモデルと、コレクション60周年を記念しブランドアンバサダーのケイト・ウィンスレットとパートナーシップを組んだ限定モデルを発表してきました。ここに加わる新たなタイムピースをお楽しみください。

  • 06/03/2020

    Corporate

    ロンジン スピリット

    ロンジンの時計や計器は、その高い精度や信頼性、堅牢性や斬新な計測システムをもって、数々の偉業の達成を支えてきました。過酷な天候、荒れ狂う海、そして空の世界などの人類未踏破の地へ 足を踏み入れた先駆者たちの腕元や傍には、いつも ロンジンがいたのです。 多くの探検家や飛行士たちは、ロンジンに非常に 厚い信頼だけでなく時には自身の命をも預けて いました。アメリア・イアハート、ポール=エミール・ヴィクトール、エリノア・スミス、ハワード・ヒューズに代表される空・陸・海の先駆者たちは、計測機器としてロンジンの時計を備え、探検に 赴いていました。   ロンジン スピリットは、これらの歴史を現代に 蘇らせます。伝統と技術革新を掛け合わせたこの 新しいコレクションは、過去のパイロットウォッチの意匠を組み合わせ、現代的なデザインに仕上げています。大ぶりのリューズや、フランジ、ステア型ケース、文字盤上の数字フォント、針の形状など いたるところに大空に挑んだ先駆者たちの歴史が 反映されています。それぞれのディテールは ブラッシュアップされ融合し、一つの時計に生まれ変わりました。細部までこだわった様々な加工も 目を引くポイントです。   ロンジン スピリットは、デザインとともに両立する確かな技術も重要なファクターです。ムーブメントには、シリコン製ヒゲゼンマイを使用したエクス クルーシブ自動巻キャリバーL888.4またはL688.4が搭載されています。また、それぞれ64時間と 60時間のパワーリザーブを誇るキャリバーは、 スイス公式クロノメーター検定機関(COSC)より クロノメーターの認定がされています。それ以外 にも、両面に反射防止コーティングが施された サファイアクリスタルやねじ込み式リューズ、6つのビスで止められたケースバックなども今コレク ションの特長です。