メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ダニエル・ドイサー、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・スーパーグランプリのプラハ大会で見事タイトルを獲得

馬術競技

11/21/2022

ロンジンと馬術競技界との長きにわたり変わることのない関係は、第4回ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・スーパーグランプリのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めることで、一層深く強固なものとなりました。2022年ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・グランプリは、これまでの試合の勝者たちが最高の成績を収める決意のもと、チェコの壮麗な首都プラハで競い合い、スリリングな究極の試合展開を繰り広げました。そのクライマックスを迎えたのが、この比類なき今大会に忘れられない瞬間を残してくれたダニエル・ドイサー選手がScuderia 1918 Tobago Z号に騎乗し、圧倒的な勝利を決めた瞬間でした。今回発表された公式ウォッチは、ロンジン マスター コレクションのモデルです。このモデルは、純粋でフェミニンなエレガンスと高度な技術がさりげなく融合し、腕時計としての高機能性とタイムレスなスタイルの美しさをどちらも追求したい女性に向けて、実に洗練されたタイムピースに仕上げられています。
 

馬術競技界と固い絆で結ばれているロンジンは、ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアーのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務め、障害飛越競技のトップクラスの騎手たちのサポートにさらに力を入れています。今回のドラマティックな一連の試合では、精鋭の騎手たちが揃うことで思わず身を乗り出す瞬間を幾度となく迎えましたが、スイス腕時計ブランドのロンジンは、チェコの壮麗な首都プラハで開催された第4回ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・スーパーグランプリもサポートし、改めてその興奮と感動を味わうこととなりました。2022年ロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・グランプリの歴代優勝騎手が集結したこの試合は、馬術競技の年間競技の中でもひときわ注目を集める大会で、世界有数の騎手たちが卓越した技と不撓不屈の精神を見せて世界中の馬術競技ファンを魅了しました。
土曜日には、Scuderia 1918 Tobago Z号に騎乗したドイツのダニエル・ドイサー選手が見事な障害飛越を披露してロンジン・グローバル・チャンピオンズ・ツアー・スーパーグランプリのタイトルを獲得し、まさにチャンピオンの中のチャンピオンとなりました。2位にはCala Mandia号に騎乗したドイツのカトリン・エッカーマン選手が、3位にはHH Azur号に騎乗したアメリカのマクレイン・ウォード選手が入賞しました。入賞者には、その優れた成績を称え、ロンジン社マーケティング部長のマシュー・バウムガートナーよりロンジンのエレガントなタイムピースが贈呈されました。

日曜日には、グローバル・チャンピオンズ・リーグ・スーパーカップ・ファイナルというもう一つのハイライトとなる試合が開催されました。この決勝大会で計時を担当できたことはロンジンの誇りです。同大会は、正確さと自信をもってこの難しい試合に挑んだMiami Celticsチームが見事優勝を決めました。

今回の競技中、ロンジンは光栄にも、ロンジン マスター コレクションから、女性向けのムーンフェイズモデルを公式ウォッチとして発表する機会に恵まれました。エレガンス、個性、純粋さを完璧に表したロンジン マスター コレクションの新しい傑作は、フェミニンでありながら機能性に優れています。美しいデザインと複雑機構が融合した、ブランドが誇る細部にまでこだわった作品です。エレガントな魅力と洗練された技術を備えたこのタイムピースには、クラシックなエレガンスと時計製造の伝統が鮮やかに融合されています。