メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ニュース

01/04/2019

エンデュランス競技

ロンジン2019、H.H.シェイク・モハメッド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム・エンデュランスカップを開催

スイスの時計ブランドロンジンは、H.H.シェイク・モハメッド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム・エンデュランスカップ(HH Sheikh Mohammed Bin Rashid Al Maktoum Endurance Cup)を公式パートナー、公式タイムキーパー、並びに公式ウォッチとして開催することを光栄に思います。この160kmレースには、エンドュランス競技界のトップ騎手たちも名を連ね、ドバイの皇太子であるシェイク・ハムダン・ビン・モハメッド・アール・マクトゥーム殿下が勝利しました。ロンジン中東のブランドマネージャーであるパトリック・アウンは、皇太子殿下を優勝に導いた関係者Abdulla Ghanim Al Marri (F3 ステーブルズ) と Khalifa Ghanim Al Marri (トレーナー)等を紹介しました。   この大会の公式時計ロンジンは、“非常に高い精度”を意味するコンクエストV.H.P.のモデルをハイライトしました。このモデルは、クォーツ時計の分野においての、新たなる達成を象徴しており、素晴らしい精度、専門性、そしてスポーティーな外観を合わせ、そのユニークな上品さで際立っています。ブルーの文字盤を備えたこのモデルは、アナログ腕時計としては高い精度(± 5秒/年)と、衝撃や磁場の影響にさらされても針をリセットする機能で定評のある独自のムーブメントを装備しています。こうした魅力的な機能の数々がこのたぐい稀な優れた機構を支えており、これに加え、非常に長いバッテリー寿命やパーペチュアルカレンダーがその価値をいっそう高めています。