メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

FISアルペンスキー ワールドカップ ファイナル 女子&男子

アルペンスキー

03/21/2021

レンツァーハイデでロンジンのアスリートたちが大活躍しシーズンを終了

新型コロナウイルスの世界的大流行の影響を受けたものの、2020/2021年のFISアルペン世界選手権シーズンでは、ロンジンファミリーのメンバーを含む世界屈指のアスリートたちによる素晴らしいパフォーマンスを見ることができました。

 

ロンジンは、2020/2021年のFISワールドカップ総合ランキングでそれぞれ2位と4位となったマルコ・オーデルマット選手およびロイック・メイヤール選手を祝福いたします。マルコ選手は今シーズン10回以上表彰台に上がっており、そのうち3回優勝を手にしています(ジャイアントスラローム競技で2回、スーパーGで1回)。この非の打ちどころのない成績により、彼は今シーズンをジャイアントスラローム競技で2位、スーパーGで2位で終えました。

 

ロイック・メイヤール選手は、ジャイアントスラローム競技でクランスカ・ゴーラで2位、アデルボーデンで3位など、上位5位以内の成績を13回も獲得し、大成功のうちにワールドカップシーズンを終えました。

 

ロンジンファミリーに最近加わったのが、フランス出身のクレマン・ノエル選手です。彼が得意とするのはスラローム競技ですが、今シーズンは地元であるクランスカ・ゴーラとシャモニーですでに2度優勝しており、FISワールドカップシーズン最終戦も準優勝という素晴らしい結果で終えました。女子部門では、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスのミカエラ・シフリン選手が、フラッハウとヤスナでスラローム競技で2度優勝し、クールシュヴェルで行われたジャイアントスラロームで1度優勝。最終戦ではスラロームおよびジャイアントスラローム競技でいずれも準優勝を手にしました。

 

FISワールドカップの決勝は、ロンジンが「White Circus」に出場する若き才能あふれる選手たちと繋がりを持つ機会でもあります。ワールドカップに出場した若い男女のスキーヤーの中で最も優れた成績をおさめた選手には、ロンジン ライジング スキースター賞が授与されます(女性は21歳未満、男性は23歳未満)。ロンジンは、ロンジンの時計、トロフィー、小切手をアレックス・ヴィナツァー選手(イタリア)とアリス・ロビンソン選手(ニュージーランド)に贈呈しました。両選手とも2年連続での受賞となりました。

 

ロンジン & アルペンスキー

2006年以来、国際スキー連盟(FIS)の公式パートナーおよびタイムキーパーを務めるロンジンには、1924年にスイスのサンティミエで軍のスキーレースの計時を担当したことをきっかけに、スキー界に携わってきた長い歴史があります。今日までに、ロンジンはFIS世界選手権およびFISワールドカップでアスリートのパフォーマンスを計時し、記録するためにゲレンデで使用される数多くの革新的技術に影響を与えてきました。

FISアルペンスキー ワールドカップ ファイナル 女子&男子; レンツァーハイデ; マルコ・オーデルマット; ロイク・メイヤール

Follow the live results of all Longines competitions on www.longinestiming.com. Building on its in-house expertise, the Swiss watch brand Longines gradually built a special relationship with the world of sport. It can count now many years of experience as a timekeeper for world championships in sport or as a partner of international sports federations.

www.longinestiming.com