メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ロンジン、モスクワ初となるロンジン コーポレートブティックがグランドオープン

Corporate

09/03/2021

ロンジンは、ロシアで初となるコーポレートブティックのグランドオープンを祝いました。このブティックはラリックによるクラブハウス クズネツキー・モストにてガラディナーが開催される中、2020年8月にオープンし、ロンジンCEOのマティアス・ブレシャン、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスのインゲボルガ・ダプクナイテ、アリーナ&ディナ・アヴェーリナ姉妹など、厳選されたゲストやセレブリティが参列しました。

 

またこの素晴らしいイベントは、ロンジン マスター コレクションから新しいレディースモデルにハイライトを当てる機会にもなりました。このモデルからは、強い意志と個性を持つ女性の手首を飾る、という熱望が感じられます。ムーンフェイズディスプレイなどが特徴のこの直径34mmのタイムピースには、3つのカラー(レッド、ブルー、トープ)から選べるストラップ、またはステンレススティール製ブレスレットが付属します。



2005年にロンジンファミリーに加わったインゲボルガ・ダプクナイテは、マティアス・ブレシャンからトープストラップが付いたマザー・オブ・パールの文字盤のモデルを手渡されました。その後ウェルカムスピーチを行った彼女は、ロンジンにとってロシアのマーケットがいかに大切かを強調しました。「 これは、ロンジンがロシアで展開していく上で大切な一歩です。モスクワで初となるコーポレートブティックをオープンすることができ光栄に思います。また、このエレガントな雰囲気の中でロンジンの世界や幅広いロンジンコレクションの数々をお客様に楽しんでいただけることを喜ばしく思います。」

 

ブティックはブランドの哲学と完璧に調和し、エレガンスと細部へのこだわりというロンジンの主な価値観を反映しています。暖かみがあり鮮やかな色のブティックのデザインは、レザー製の壁の要素や上質のウッドと共に、快適で洗練された雰囲気を作り出しています。サンティミエにあるロンジン ミュージアムからの歴史的なヘリテージ タイムピースを常設展示する別空間のホールや、ミニライブラリーが設けられたVIPゾーンでは、すべてのお客様にブランドの約190年におよぶ歴史をご覧いただける特別な機会を提供します。

ロンジンのグランドオープン; 初のコーポレートブティック; モスクワ