メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ニュース

  • 10/13/2019

    体操競技

    2019年第49回世界体操競技選手権大会

    第49回世界体操競技選手権大会(the 49th Artistic Gymnastics World Championships)のシュトゥットガルト(ドイツ)大会で公式パートナーおよび公式タイムキーパーを務めるロンジンは、フランスのメラニー・デ・ヘスス・ドス・サントス選手およびアメリカのサミュエル・ミクラク選手に、競技大会以外で最高の賞、ロンジン エレガンス賞を贈りました。 男女個人総合決勝はそれぞれ10月10日木曜日と10月11日金曜日に開催され、出場選手全員がこのエレガントなコンテストにノミネートされました。 優勝者は、優美さ、美しさ、調和、とりわけ、ロンジンにとって大切な価値観のひとつである「エレガンス」のあるパフォーマンスで審査員全員に感動を与えました。 両者には、エレガントなロンジンのタイムピース、トロフィー、小切手が贈呈されました。    シュトゥットガルトでロンジン エレガンス賞の審査員を務めたのは、ロンジン ドイツのブランドマネージャーであるライナー・エッカート、国際体操連盟(FIG)会長の渡邊守成氏、そして2019年世界体操競技選手権大会で男女体操競技アンバサダーを務めるカタリナ・ポノルおよびファビアン・ハンビューヘンでした。 審査員の個々の評価は、1つの集団的な判断にまとめられ、鋭くバランスのとれた評価が反映されました。  またロンジンは、ロンジンのアンバサダー・オブ・エレガンスを務めるスイスの体操選手、ジウリア・シュタイングルーバーを支援できることを喜ばしく思っています。 彼女は世界最高の体操競技選手が競い合う女子個人総合決勝で18位に終わりました。  最後になりましたが、彼女はこの大会の公式ウォッチで、ホワイトのマザー・オブ・パールの文字盤とダイヤモンドのインデックスを特徴とするコンクェスト クラシック コレクションのモデルを着用していました。 これは、モダニティとブランドを象徴する洗練さを巧みに融合したコレクションです。 エレガントでスマートなこの最新作は、確固たる女性らしさと大胆な現代性を湛えています。 

  • 09/22/2019

    体操競技

    2019年第37回世界新体操選手権

    国際体操連盟(FIG)のパートナーを長年務めるロンジンは、光栄にもアゼルバイジャンのバクーで開催された第37回世界新体操選手権(37th Rhythmic Gymnastics World Championships)の公式パートナーおよびタイムキーパーを務めました。この大会では、ロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスのディナ&アリーナ・アヴェーリナ選手が素晴らしいパフォーマンスで勝利を手にしました。 現チャンピオンとして出場した、このロシア出身の双子の姉妹は、バクーの体操競技場において、4つの金メダルを含む全7メダルを獲得し、圧倒的な勝利を手にしました。 この大会の一環として、スイス腕時計ブランドのロンジンは、傑出したエレガンスと魅力を備えた観客に贈られるロンジン エレガンス賞をアメリカ出身のローラ・ツェンさんに贈りました。 この国際大会は、ロンジン マスター コレクション ブルー エディションのレディースモデルに注目を集める絶好の機会でもありました。バクーで開催された第37回世界新体操選手権の公式パートナーおよびタイムキーパーを務めるロンジンは、光栄にもロンジン アンバサダー・オブ・エレガンスの双子の姉妹、アリーナ&ディナ・アヴェーリナ選手の傑出したパフォーマンスを祝福しました。 ディナ・アヴェーリナ選手は、世界新体操選手権の5大会に出場し5つのメダルを獲得。その内4つが金メダルで、誰もが欲しがる個人総合優勝も果たしました。 アリーナ・アヴェーリナ選手は、ボールと個人総合ファイナルで準優勝となりました。 この大会の公式ウォッチは、ロンジン マスター コレクション ブルー エディションのレディースモデルです。これには、ダイヤモンドのインデックスを備えたサンレイ ブルーの文字盤と同じくブルーのアリゲーターストラップが付属しています。さらに、ロンジンは光栄なことに、ロンジン エレガンス賞をアメリカ出身のローラ・ツェンさんに贈りました。 彼女は、個人総合ファイナルの観客の中で、傑出した優雅さ、美しさ、調和を備えており、特にロンジンが大切にしている価値観である、エレガンスに秀でた女性でした。 ロンジン エレガンス賞の審査員は、国際体操連盟(FIG)会長の渡邊守成氏、ロンジン国際スポンサーシップ&イベントマネージャーを務めるベンジャミン・エビ、元新体操選手で今大会のアンバサダーを務めるヤナ・バテリシナ氏の3人が務めました。 1997年に創設されたロンジン エレガンス賞を象徴するトロフィーは、スイス人芸術家のジャン・ピエール・ガーバーがロンジンのために特別に制作したもので、体操の動きが表現されています。 受賞者には、このトロフィーに加えて、エレガントなロンジンのタイムピースと小切手も贈呈されました。ロンジンと体操また、ロンジンは国際体操連盟が開催する体操競技や新体操競技の大会で、30年以上にわたり公式パートナーと公式タイムキーパーを務めています。 これらの大会で、ロンジンは計時、スコアの表示、データ処理(スタートリスト、結果、メダル)のために必要なインフラと人員を提供しており、これをスクリーンや解説者の情報システムに表示することや、大会を放映するテレビ企業に送信することを行っています。