メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ニュース

  • 12/10/2018

    フラットレース

    2018年ロンジン ワールド ベスト レースホースとロンジン ワールド ベスト ホースレースの授賞式をロンドンにて開催

    2018年ロンジン ワールド ベスト レースホース(Longines World’s Best Racehorse)およびロンジン ワールド ベスト ホースレース(Longines World’s Best Horse Race)の授賞式が2019年1月23日にイギリスのロンドンで開催されます。今回初めて、ロンジンと国際競馬統括機関連盟(IFHA)は、授賞式の会場にザ・ランドマークを選びました。   今回で6年目を迎える授賞式では、ロンジン ワールド ベスト レースホース ランキングおよびロンジン ワールド ベスト ホースレースで上位3位に格付けされた競走馬を表彰します。昨年はArrogate号(米国)が2017年ロンジン ワールド ベスト レースホースを受賞し、Enable(GB)号が優勝したカタール・パリ凱旋門賞(Qatar Prix de l’Arc de Triomphe)が2017年ロンジン ワールド ベスト ホースレースのタイトルを獲得しました。%break%ロンジン ワールド ベスト レースホース ランキングは、一流レースにおける馬のパフォーマンスに基づき、国際ハンディキャップ委員により設立されました。トップ4で終えた馬のランキングの平均がレースの評価基準となります。ロンジン ワールド ベスト レースホース ランキングの全リストと詳細情報は、IFHAのウェブサイト(http://www.ifhaonline.org)でご覧いただけます   ロンジン ワールド ベスト レースホースのトロフィーは「エクウス」と呼ばれるクリスタルのベースです。一方、ロンジン ワールド ベスト ホースレースのトロフィーは誇り高い馬の頭を表しています。毎年、これらのトロフィーにはロンジン ワールド ベスト レースホースおよびホースレースの名称がそれぞれ刻印され、勝者の代表にロンジンのエレガントなウォッチとともに贈呈されます。

  • 12/09/2018

    フラットレース

    2018 ロンジン香港国際競走

    観覧するすべての熱いレースファンを楽しませるべく、ロンジン香港国際競走(Longines Hong Kong International Races)は今年再び世界トップの競走馬と騎手を集い、彼らの素晴らしいパフォーマンスにスポットライトを当てました。この日に開催された4つのグループ1国際レースで、ロンジン香港ヴァーズ(Longines Hong Kong Vase)に勝利したのは、ザカリー・パートン選手が騎乗したExultant号でした。また同選手は、Beauty Generation号に騎乗してロンジン香港マイル(Longines Hong Kong Mile)でも勝利を手にしました。ロンジン香港スプリント(Longines Hong Kong Sprint)ではカリス・ティータン選手が騎乗したMr Stunning号が、ロンジン香港カップ(Longines Hong Kong Cup)ではシルヴェスター・デ・ソウサ選手が騎乗したGlorious Forever号がそれぞれ優勝しました。   この見逃すことのできない大会で、スイス時計ブランドであるロンジンは2012年からタイトルパートナーと公式タイムキーパーを務めています。大会は回を追うごとに、レースにおける卓越性と洗練された上品さの融合をより完璧に映し出しています。さらに、ロンジンはこのワールドクラスの大会をさらにエレガントなものにするため、高く評価されている韓国の俳優であり、ロンジン エレガンスアンバサーでもあるチョン・ウソン氏を招待し、彼の手でこの日の観客の中で最もスタイリッシュな女性にロンジン・エレガンス賞を贈呈してもらいました。   これに先立ちロンジンでは、香港最大のショッピング エリアである尖沙咀(Tsim Sha Tsui)にあるオーシャンセンター ブティックの正式なリニューアルオープンを祝しました。チョン・ウソン氏、ロンジン社長のウォルター・フォン・カネル、スウォッチグループ(香港)マネージング・ディレクターのケビン・ローレンハーゲン氏、ロンジン香港副社長のカレン・アウヨンらがゲストや選ばれた取材陣を前にリボンカット・セレモニーを行いました。   このロンジン香港国際競走の公式ウォッチとして、ロンジンは、コンクエスト V.H.P.(Very High Precision:超高精度)のモデルを披露しました。ブルーの文字盤を備えたこのタイムピースは、高精度(± 5秒/年)なことで知られる特別なムーブメントを搭載し、衝撃や磁場の影響にさらされた後に針をリセットする機能も備えています。こうした魅力的な機能の数々がこのたぐい稀な優れた機構を支えており、これに加え、非常に長いバッテリー寿命やパーペチュアルカレンダーがその価値をいっそう高めています。究極のスポーツラインであるコンクエストの真髄として、この格別のタイムピースには、高度な専門性とダイナミックな美学が融合されています。よって、コンクエスト V.H.P.は最高精度の旗手として位置づけられています。

  • 12/09/2018

    フラットレース

    ロンジン、香港のオーシャン・センター ブティックの再オープンを祝福

    本日、ロンジンは、香港の最も重要なショッピングエリアである尖沙咀のオーシャン・センターにあるロンジン ブティックの再オープンを公式に祝いました。この特別なセレモニーには、ブランドのアンバサダー・オブ・エレガンスであり、高く評価されている韓国の俳優チョン・ウソンが出席しました。彼はまた、午後に沙田競馬場で開催されたロンジン香港国際競走(Longines Hong Kong International Races)にも出席しました。チョン・ウソンは、ロンジン香港の副社長を務めるカレン・アウヨン、ロンジン社長のウォルター・フォン・カネル、スウォッチグループ 香港のマネージング・ディレクターを務めるケビン・ローレンハーゲン氏とともにテープカットを行い、出席していたゲストやメディアの代表者を喜ばせました。

  • 12/07/2018

    フラットレース

    LHKIRガラディナー&ワールド ベスト ジョッキー賞 - 香港

    2018年のレースシーズンを通じて輝かしい成果を収めた、UKを拠点に活躍するイタリア生まれのフランキー・デットーリ選手が、2度目のワールド ベスト ジョッキーのタイトルを獲得しました。デットーリ選手独特の馬の背で立ち上がりそこから飛び降りるパフォーマンス、「フライングディスマウント」はおなじみです。2018年12月7日に香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターで開催されたロンジン香港国際競走(The Longines Hong Kong International Races)ガラディナーで、デットーリ選手への授賞式が行われました。授賞式では、ロンジン社長のウォルター・フォン・カネルと国際競馬統括機関連盟(IFHA)会長ルイ・ロマネ氏より同選手に、ロンジン サンティミエ コレクションのエレガントな18Kローズゴールドのタイムピースとクリスタルベースが贈呈されました。   多才を見せるデットーリ選手は、今年、世界トップ100のグループやG1レースで5頭の馬に騎乗し、8回の優勝を飾りました。予選での勝利のうち、ガネー賞 - パリロンシャン競馬場グランドオープニング賞(Prix Ganay - Prix de l'Inauguration de ParisLongchamp)(Cracksman号)、コロネーションカップ(Investec Coronation Cup)(Cracksman号)、セントジェームズパレスステークス(St James's Palace Stakes)(Without Parole号)、ゴールドカップ(Gold Cup)(Stradivarius号)、凱旋門賞(Qatar Prix de l'Arc de Triomphe)(Enable号)、QIPCOチャンピオンステークス(QIPCO Champion Stakes)(Cracksman号)、ブリーダーズカップマイル(Breeders’ Cup Mile)(Expert Eye号)、ロンジン・ブリーダーズカップ・ターフ(Longines Breeders' Cup Turf)(Enable号)の7回はロンジンが計時を行いました。   上位3位に入賞した騎手に報酬が与えられるスコアリングのプロセスにより、デットーリ選手には今年1年間で計128のポイントが与えられます。 なお、計114ポイントを獲得したオイシン・マーフィー選手が2位、112ポイントを獲得したライアン・ムーア選手が3位にそれぞれ入賞しています。デットーリ選手は、ムーア選手と同じく、2014年に設立されたロンジン ワールド ベスト ジョッキー賞の2度の受賞者となりました。ムーア選手は初開催年と2016年に同賞を受賞。昨年の受賞者は、ヒュー・ボウマン選手です。   ロンジン ワールド ベスト ジョッキーの受賞は、トップ100に格付けされたグループ1とグレード1レースでのパフォーマンスに基づいて決定されます。これは、ロンジン ワールド ベスト レースホース ランキング委員会によって1年間設定されます。スコアは前年の12月1日から翌年の11月30日までを期限とします。 選手は、優勝すると12ポイント、2位は6ポイント、3位は4ポイントを獲得します。   ロンジン ワールド ベスト ジョッキー賞は、5年前、世界中の騎手たちの中で最も活躍した功績を数量的な観点から評価する手段として、ロンジンとIFHAによって設立され、こうした方法で騎手を称える初の賞となりました。

  • 12/05/2018

    フラットレース

    2018年ロンジン インターナショナル ジョッキーズ チャンピオンシップ - 香港

    香港の中心に位置するハッピーバレー競馬場で開かれるロンジン インターナショナル ジョッキーズ チャンピオンシップ(Longines International Jockeys’ Championship)は、国と地域を代表する12名の世界クラスの騎手が熾烈な戦いを挑む、4つのレースで構成されています。最大の累積得点を稼いだ騎手がチャンピオンシップを制します。この試合で34ポイントを獲得したイギリス出身のシルヴェスター・デ・ソウサ選手が試合に勝利し、1位の座とロンジンのタイムピースを母国へ持ち帰りました。2位は16ポイントを獲得したコリン・キーン選手、3位は12ポイントを獲得したハビエル・カステリャーノ選手となりました。   ロンジン インターナショナル ジョッキーズ チャンピオンシップのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるスイス時計ブランドのロンジンは、このイベントの公式ウォッチとして「ロンジン コンクエスト V.H.P. (Very High Precision:超高精度)」 コレクションを披露しました。クオーツ分野における新たな成果を体現するこのシリーズは、優れた精度、高度な専門性、そしてロンジンならではの優美さを備えるスポーティなデザインを融合しています。このコレクションのすべてのアイテムには、アナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を誇る特別なムーブメントが採用されており、衝撃や磁場の影響にさらされた後に針をリセットする機能も備えています。こうした魅力的な機能の数々がこのたぐい稀な優れた機構を支えており、これに加え、非常に長いバッテリー寿命やパーペチュアルカレンダーがその価値をいっそう高めています。

  • 12/03/2018

    フラットレース

    2018 ロンジン香港国際競走

    年末が近づくに従い、ロンジン香港国際競走(Longines Hong Kong International Races)への熱が高まっています。すべての競馬ファンが、この名誉ある大会を待ち焦がれています。2018年12月9日には、間違いなく大勢の観客が沙田(シャティン)競馬場に押し寄せることになるでしょう。 「ターフ ワールド・チャンピオンシップ(turf world championships)」としても知られるロンジン香港国際競走は、ロンジン香港カップ(The Longines Hong Kong Cup)、ロンジン香港マイル(The Longines Hong Kong Mile)、ロンジン香港スプリント(The Longines Hong Kong Sprint)、ロンジン香港ヴァーズ(The Longines Hong Kong Vase)の4つのアイコニックなレースで構成されています。各レースの賞金は、2,000メートルを走るロンジン香港カップでHK$28,000,000、ロンジン香港マイル(1,600メートル)でHK$25,000,000、ロンジン香港スプリント(1,200メートル)でHK$20,000,000、ロンジン香港ヴァーズ(2,400メートル)でHK$20,000,000となっており、香港国際競走全体での賞金総額はHK$93,000,000にのぼります。 この大会は、ロンジンが長年に渡り計時と馬術競技に携わっていることを見事に表しています。その関わりが始まったのは、スイスの時計ブランドのロンジンが馬とジョッキーの刻印で装飾した新しいメカニカル クロノグラフを製造した1878年。この卓越したポケットウォッチは、ロンジン ブランドと馬術競技の間の長い歴史における数多くの出来事の始まりでした。 ロンジン香港国際競走は、卓越した性能の追求、タイムレスなエレガンスや伝統に対する強い思いなど、ロンジンが表現しようと努める価値観をまさに体現しています。 ロンジン コンクエストV.H.P.ウォッチを見る ロンジン香港国際競走は、大会の公式ウォッチコレクション、ロンジン コンクエストV.H.P.をご覧いただく理想的な機会となります。このスポーティーでありながらエレガントなウォッチ シリーズは、優れた精度、高度な専門性、スポーティなデザインを融合させた、クオーツの分野における新たな成果を体現しています。 最初のコンクエスト ウォッチであり最初のクオーツウォッチが登場してから63年後、ロンジンは1980年代におけるブランドのサクセスストーリーを飾ったモデルのひとつ、コンクエストV.H.P. (Very High Precision:超高精度)をリニューアルしました。コンクエストV.H.Pコレクションのモデルには、ブルー、カーボン、シルバー、ブラックの文字盤があり、トリプル セーフティ フォールディングクラスプとプッシュボタンによる開閉機構が付属したステンレススティール製ブレスレットが取り付けられています。コンクエストV.H.Pは、クオーツウォッチの究極の精度とロンジンならではのエレガンスの両方を求める人のための時計として、その地位を確立しています。 公式ウォッチコレクションを見る 昨年のロンジン香港国際競走も、世界中から集まった馬とジョッキーのパフォーマンスを楽しむ90,000人の観衆が見守る中、白熱したレースが繰り広げられ、素晴らしいフラットレースの年の締めくくりとなりました。4つのレースの優勝者には、トロフィーに加え、エレガントなロンジンのタイムピースが贈られました。 今年も、香港と世界の馬とジョッキーが競う世界の重要レースの一つであるこの大会で、熱狂がピークに達することになります。大会には、ロンジン エレガンスアンバサダーを務めるチョン・ウソン氏が出席し、レースで最もスタイリッシュな女性にロンジン・エレガンス賞を贈呈する予定です。 アンバサダーを見る

  • 11/25/2018

    フラットレース

    2018年ジャパンカップとロンジンのパートナーシップ

    2018年11月25日日曜日、東京競馬場にてロンジンとの提携のもと第38回ジャパンカップ(Japan Cup)が開催され、Almond Eye号に騎乗したクリストフ・ルメール選手の大会新記録となる見事な勝利に、競馬ファン10万人以上が熱狂しました。その驚くべきパフォーマンスを祝して、優勝した日本馬のAlmond Eye号の馬主、ブリーダー、調教師、騎手、厩舎スタッフには、ロンジン エレガンスアンバサダーを務める内村航平氏とロンジン社長のウォルター・フォン・カネルよりロンジンのウォッチが贈られました。   このレースの開催中、スイス時計ブランドのロンジンはスポーツとしての成績と共にエレガンスを称えて、東京競馬場で最もエレガントな女性と男性にロンジン エレガンス賞を贈呈しました。この素晴らしい競馬場に向かう前に、ロンジン エレガンスアンバサダーであり、体操の世界チャンピオンでもある内村航平氏はロンジンの銀座ブティックを訪問し、選ばれた30人のロンジンのお客様と面会する機会を持ちました。   さらに、ロンジンとの提携のもと開催されたジャパンカップは、レコード コレクションのモデルであるこの大会の公式ウォッチを観客の皆さまに披露する絶好の機会となりました。クラシカルなエレガンスと卓越性を組み合わせたこのオートマチック タイムピースには、スイスクロノメーター検定協会(COSC)から認定された他に類をみない特性を備えたクロノメータームーブメントが搭載されています。   ロンジンの馬術競技への関わりは140年以上昔にさかのぼります。現在は、フラットレース、障害飛越競技、総合馬術、エンデュランス、馬場馬術などのさまざまな馬術競技で馬術界と関わっています。また、ロンジンは、IFHAの公式パートナーおよび公式ウォッチを務めること、ロンジン ワールド ベスト レースホース ランキングにブランド名を貸与することに誇りを持っています。ロンジンとIFHAの長期に渡るパートナーシップにより、競馬の有望選手を称える一流の賞の数々を設立することができました。ロンジン ワールド ベスト レースホース賞は競走馬を、ロンジン ワールド ベスト ホースレース賞は競馬を、ロンジン ワールド ベスト ジョッキー賞は騎手を、ロンジン&IFHA国際功労賞は著名人を競馬スポーツの中で最高レベルで特に秀でているとして称える賞です。

  • 11/08/2018

    フラットレース

    2018年メイダンレース

    メイダンの公式パートナー兼公式タイムキーパーとして、また 競馬場としての地位を高め続けるその地への貢献を表明するものとして、スイスの時計ブランド、ロンジンは、11月8日の夜、ドバイのメイダン競馬場で開催された全7レースのスポンサーを務めることができたことを光栄に思います。 今回ロンジンは、イベントの公式ウォッチである、エレガントなブルーの文字盤を備えた、スポーティーなコンクエスト V.H.P.コレクションのタイムピースを贈呈しました。   新開発のコンクエスト V.H.P.ロンジンがおくる「非常に高精度」のウォッチはクォーツの正確な腕時計の究極の段階を示すモデルであり、スイスブランドのロンジンが開拓してきた計時技術が特徴です。このウォッチには、ETA社によってロンジン専用に開発されたムーブメントが搭載されています。コンクエスト V.H.P.のムーブメントは、アナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を備えており、衝撃や磁場の影響にさらされてもGPD(ギア位置検出)システムを利用して針をリセットします。このロンジン ウォッチの魅力をさらに高めているのが、優れたバッテリー寿命とパーペチュアルカレンダーです。

  • 11/03/2018

    フラットレース

    ブリーダーズカップ・ワールド・チャンピオンシップ - ロンジン・ブリーダーズカップ・ディスタフ&ロンジン・ブリーダーズカップ・ターフ

    11月2日(金)と3日(土)、ロンジンはアメリカのケンタッキー州ルイビルで開催された第35回ブリーダーズカップ・ワールド・チャンピオンシップ(Breeders’ Cup World Championships)にて、公式パートナー、公式タイムキーパー、公式時計を務めました。多くの人が1年の中で最も重要なサラブレッド競馬レースのひとつであるとみなすブリーダーズカップは、世界中の最高の馬、ブリーダー、調教師、オーナーを魅了しています。   「翼の砂時計」を掲げる同ブランドは、有名なチャーチルダウンズ競馬場に開催されたブリーダーズカップ・クラシック(Breeders’ Cup World Classic)におけるAccelerate号の見事な優勝を計測しました。ロンジンの長きにわたる乗馬の世界との良好な関係に後押しされ、ロンジンは、共に土曜日に開催されたロンジン・ブリーダーズカップ・ディスタフ(Longines Breeders’ Cup Distaff)とロンジン・ブリーダーズカップ・ターフ(Longines Breeders’ Cup Turf)の公式タイトルパートナーも務めました。ブリーダーズカップ・クラシック、ロンジン・ブリーダーズカップ・ディスタフ、そしてロンジン・ブリーダーズカップ・ターフで勝利した馬の馬主、ブリーダー、調教師、騎手には美しいロンジンの時計がロンジンの代表から贈呈されました。   また、ロンジンは同週末にチャーチルダウンズ競馬場でLongines Prize for Eleganceも主催しました。「Elegance is an attitude ~エレガンス、それは私の意志~」というブランドのモットーに沿って、そのファッションコンテストでは個人の上品な表現が称えられ、スタイル、洗練された上品さ、自信を感じさせる装いのブリーダーズカップ参加者にエレガントなロンジンの時計を贈呈しました。   この世界クラスのレースの観客には、このイベントの公式時計である上品でブルーのダイヤルが魅力的なコンクエスト V.H.P.が披露されました。   コンクエスト V.H.P.について 新開発のコンクエスト V.H.P.。ロンジンがおくる「非常に高精度」のウォッチはクォーツの正確な腕時計の究極の段階を示すモデルであり、スイスブランドのロンジンが開拓してきた計時技術が特徴です。このウォッチには、ETA社によってロンジン専用に開発されたムーブメントが搭載されています。コンクエスト V.H.P.のムーブメントは、アナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を備えており、衝撃や磁場の影響にさらされてもGPD(ギア位置検出)システムを利用して針をリセットします。このロンジン ウォッチの魅力をさらに高めているのが、優れたバッテリー寿命とパーペチュアルカレンダーです。

  • 10/24/2018

    フラットレース

    ロンジン HKIR プレリュード レース ナイト

    ロンジンは、本日、ハッピーバレー競馬場にて、ロンジン香港国際レース(LONGINES Hong Kong International Races)およびロンジン ナイト レース(Longines Night Races) を開催することができ、とても嬉しく思っております。有名なスイスの時計ブランド ロンジンが、ロンジンカップ(Longines Cup)のタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めるのは2年目となります。また、ロンジンでは、このイベントの公式ウォッチとして、コンクエストV.H.P. (Very High Precision:超高精度) タイムピースをデザインしました。これは、優れた精度、高度な専門性、スポーティなデザインを融合し、クオーツの分野における新たな成果を体現した時計です。   その晩の第5レース、ロンジンカップを制したのは、マシュー・プーン・ミンファイ選手が騎乗するBeaut Beaut号で、記録は0:57:36でした。優勝した競走馬の馬主、騎手、調教師には、ロンジン香港の副社長を務めるカレン・アウヨンより、エレガントなロンジンのタイムピースがそれぞれに贈呈されました。   ロンジン ナイト レースには、香港の有名女優トレイシー・チュー氏も姿を見せ、次のようにコメントしました。「今回初めて、ロンジンのレースを拝見することができ、光栄に思うとともに、とてもワクワクする体験となりました。乗馬レースと時計製造は同じく、計時という観点で最高の精度が求められます。新たに登場するコンクエストV.H.P. (Very High Precision:超高精度) タイムピースは、まさにこのような素晴らしい機会にぴったりの時計です。また、私は長年に渡るロンジンの馬術競技に対する情熱および世界チャンピオンたちのタイムキーパーとしての貢献に感銘を受けています。」   今年のロンジン カップの公式ウォッチは、コンクエストV.H.P. (Very High Precision:超高精度)ウォッチです。これは、3針を備えたアイコニックなブルーの文字盤が特徴となっており、ロンジンのために特別に開発されたムーブメントが搭載されています。アナログの腕時計としては高い精度(± 5秒/年)を備えており、衝撃や磁場の影響にさらされても針をリセットすることができます。また、長いバッテリー寿命やパーペチュアルカレンダーも魅力的な機能です。このスティール製の直径41㎜のモデルには、ブルーの文字盤に時、分、秒表示が備わっています。セーフティ フォールディングクラスプが付いたスティールブレスレットが取り付けられた珠玉のタイムピースです。   香港ジョッキークラブとのパートナーシップの一環として、スイス時計ブランドのロンジンは、12月5日水曜日に開催されるロンジン・インターナショナル・ジョッキーズ・チャンピオンシップ(LONGINES International Jockeys' Championship)を含むロンジン香港国際レース ウィークのタイトルパートナーおよび公式タイムキーパーを務めます。また、ロンジンは12月7日金曜日に、香港ジョッキークラブと共にLHKIRガラディナーを開催することになっており、世界最高の騎手に「2018年ロンジン ワールド ベスト ジョッキー賞」を授与する予定です。   12月9日日曜日には、2018年のロンジン香港国際レースのゲストとして、エレガンスアンバサダーのチョン・ウソン氏を迎えます。俳優として高い評価を受けている韓国出身のウソン氏は、当日、沙田(シャティン)競馬場で最もエレガントな女性に贈るロンジン エレガンス賞のプレゼンターを務めます。   ロンジンの乗馬スポーツへの情熱は、秒単位で正確な計時を行うために、騎手とその馬を刻印したクロノグラフを製造した1878年までさかのぼることができます。1881年には、このモデルは騎手や乗馬スポーツのファンの間で爆発的な人気を博し、ニューヨークで行われるスポーツ競技の多くで審判用タイマーとして選ばれるようになりました。今日、ロンジンの乗馬スポーツへの関わりは、乗馬レース、障害飛越競技、馬車競技、総合馬術、ドレサージュ、エンデュランス競技といった試合に及びます。