メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ロンジン ドルチェヴィータ X YVY - 変幻自在のルックを叶えるレザーストラップ

コーポレート

06/23/2022

翼のついた砂時計をブランドロゴとするロンジンは、新しいロンジン ドルチェヴィータ X YVY シリーズを発表します。スイス人デザイナーYvonne Reichmuth(イヴォンヌ・ライヒムート)が、アイコニックなレクタンギュラーシェイプのタイムピースに洗練されたレザーストラップで新たな息吹を吹き込みました。ロンジンが大切にしている乗馬の世界と結びつく、手綱やハーネスを連想させるデザインです。

腕元の時計が存在感を増す夏に向けて、翼のついた砂時計をブランドロゴとするロンジンは、新しいロンジン ドルチェヴィータ X YVY モデルを発表します。洗練されたベージュ、ブラウン、ブラックの3色のリベット付きダブルレザーストラップとマッチするデザインに仕上げています。このモデルのデザインを手掛けたのは、世界的なスターや高級志向の顧客からの絶大な支持を誇るYVY社。チューリッヒに拠点を置き、洗練されたグラムロック・アクセサリーを制作しています。

共通の価値観
ロンジンとYVYのコラボレーションは、二つの世界の本能的とも言える結び付きによって生まれました。ロンジン ドルチェヴィータ X YVY モデルのストラップは、イタリア製またはスイス製のレザーを用い、伝統的な方法で制作されています。メタルディテールで飾られ、補強されたその仕上げは非の打ち所がなく、翼のついた砂時計をブランドロゴとするロンジンが愛する乗馬の世界への情熱を余すことなく表現しています。YVYの創設者イヴォンヌ・ライヒムートは、「私たちは、馬と馬具の世界に対して、新しいアプローチを一緒に提供したかったのです」と語ります。
馬の頭と首を飾る必要不可欠な馬具は、騎手と馬をつなぐ絆であり、私たちの手首と時計との間に生まれる繋がりを思い起こさせます。デザイナーは次のように付け加えています。「モジュール式ストラップのアイデアは、さまざまなスタイルで上品に着用できる時計を作るという目的から生まれました。」

現代に蘇る伝統
現代的なデザインかつフレッシュで華やかな魅力をまとうロンジン ドルチェヴィータ X YVY シリーズは、交換可能なストラップシステムにより、着用する人の好みやあらゆる場面に適応します。時計は単体でも使用できますが、コンテンポラリーな細身のストラップと組み合わせることで、世代関係なく人々を惹きつけ魅了するスタイリッシュなオブジェへと変化します。サンティミエを拠点とする時計ブランド、ロンジンのCEOマティアス・ブレシャンは、「男性にも女性にもお使いいただけるよう、2種類のケースサイズをご用意しています」とコメントしています。