メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

2018年FEI世界馬術選手権大会(トライオン)で開幕した本日のパラ馬上馬術選手権

FEI World Equestrian Games

09/19/2018

2018年FEI世界馬術選手権大会(トライオン)で開幕した本日のパラ馬上馬術選手権にて サンナ・フット選手(オランダ)、スティナ・タンゲ・カストラップ選手(デンマーク)、 ソフィー・ウェルス選手(イギリス)が金メダルを受賞

2018年9月18日(火)、オランダ人騎手のサンナ・フット選手とDemantur N.O.P.号がトライオン国際乗馬センターで開催されている2018年FEI世界馬術選手権大会TM(FEI World Equestrian GamesTM Tryon 2018)で開幕したパラ馬上馬術世界選手権(Para-Dressage World Championship)の個人課目グレードIVで優勝しました。ブラジル人騎手のロドルフォ・リズカラ選手とDon Henrico号が第2位、CSK’s Que Faire号に騎乗したスサンネ・イェンスビュ・スネセン選手(デンマーク)が第3位でした。

 

同日、スティナ・タンゲ・カストラップ選手 (デンマーク)とHorsebo Smarties号がパラ馬上馬術世界選手権の個人課目グレードIIで優勝しました。第2位はSailor’s Blue号に騎乗したオーストリア人騎手のペポ・プフ選手、第3位はWallace N.O.P.号に騎乗したオランダ人騎手のニコール・デン・デュルク選手でした。


また、パラ馬上馬術世界選手権の個人課目グレードVでは、C Fatal Attraction号に騎乗したイギリス人騎手のソフィー・ウェルス選手が優勝しました。Alphaville N.O.P.号に騎乗したフランク・ホズマル選手 (オランダ)が第2位に、レギーネ・ミスペルカンプ選手 (ドイツ)が第3位に輝きました。


スイス高級時計ブランドであるロンジンは、メダルを獲得した選手全員にその素晴らしい勝利を祝してエレガントなロンジンのタイムピースを贈呈しました。

WEG, World Equestrian Games 2018, Tryon, Record Collection,pic4