Go to Main Navigation Go to Content Go to Social Networks Go to Bottom Navigation
E-ショップに関する
picture E-ショップに関する
コレクション
picture コレクション
ロンジンの世界
picture ロンジンの世界
正規販売店
picture 正規販売店
カスタマーサービス
picture ブランド
 
/en-au /en-gb /fr /fr-ch /de /de-ch /es /it /it-ch /kr /pl /cn /hk /jp /ru /th /tr /pt

Search

ロイヤルアスコット2019

フラットレース
2019-06-19

ロンジン、ロイヤルアスコットにリン・チーリンを迎えてエレガンスを称揚

今週、アスコット競馬場(英国)では一年で最も待ち望まれている世界的なスポーツイベント、ロイヤルミーティングが開催されました。 スイス時計ブランドのロンジンは、この格式あるフラットレースイベントで公式パートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチを務めています。

 

6月19日水曜日、ロンジンはアンバサダー・オブ・エレガンスのリン・チーリンを招き、ロイヤルミーティングの独特の雰囲気を味わっていただきました。 クイーンズヴェース(Queen’s Vase)レースでDashing Willoughby号が見事な勝利を収めた後、評価の高いアジア人女優リン・チーリンとロンジン副社長のリチャード・ストロマイヤーから、優勝馬の馬主(ミック&ジャニス・マリスコッティ)、調教師(アンドリー・ボールディング)、騎手(オイシン・マーフィー)、厩務員(アンジェラ・チェシャー)にエレガントなタイムピースが贈られました。 その後、プリンスオブウェールズ・ステークス(Prince of Wales’ Stakes)で優勝したCrystal Ocean号の馬主(エヴェリン&リン・ド・ロスチャイルド卿夫妻)、調教師代表、騎手(フランキー・デットーリ)、厩務員(コッラード・モラーレ)も、ウェールズ公とコーンウォール公爵夫人の手からエレガントなロンジンの時計を受け取りました。

 

洗練されたロイヤルミーティングに合わせ、ロンジンはロイヤルアスコットの公式ウォッチとして「レコード」コレクションのスティールとゴールドのモデルを紹介します。 クラシカルなエレガンスと卓越性を兼ね備えたこのシリーズは、比類のない特性を持つモノクリスタルシリコン製ヒゲゼンマイを備えたムーブメントを搭載しており、COSC(スイスクロノメーター検定協会)から「クロノメーター」認定を受けています。

 

ロンジンと乗馬の世界

ロンジンが乗馬の世界に傾ける情熱は1869年、ブランドが馬の頭部が描かれた最初の乗馬用懐中時計製造した年に遡ります。 数年後の1878年、ロンジンはクロノグラフムーブメントを開発、騎手と馬が刻まれたケースに収めました。 この種のタイムピースは競技を秒単位で計時できたことから、早くも1881年には競技場で見られるようになり、騎手と馬術競技ファンの間で高い人気を博しました。 現在、ロンジンが乗馬スポーツで関わっているのは、フラットレース、障害飛越競技、馬場馬術、馬車競技、総合馬術競技です。 ロンジンが乗馬スポーツの支援を選んだのは、それが伝統、エレガンス、パフォーマンスというブランドの中心となる価値観を見事に表しているからです。

Royal Ascot; Horse Racing; 2019

カレンダー

Longines Queen Elizabeth Stakes; Horse Racing; 2020
マイ・カレンダーに追加

Longines Queen Elizabeth Stakes

2020-04-11 - 2020-04-11
SYDNEY, オーストラリア
スケジュールに保存
コンパレータに製品が追加されました!

比較する別のウォッチをお選びください

ウォッチは3点まで比較できます

コンパレータ リストから %REF% が削除されました
コンパレータ リストがクリアされました
ご注意点:

コンパレータで比較できるアイテムは3点に限られています

OK

このアイテムを削除してもよろしいですか?

すべて削除してもよろしいですか?

キャンセル
OK