メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ロイヤルアスコット

フラットレース

06/19/2021

ロンジンが計時する5日間の注目レースに参加するため、ワールドクラスの騎手たちがロイヤルアスコットに集結

今週、アスコット競馬場(英国)に集結した世界最高の馬と騎手たちは、ロイヤルアスコット(Royal Ascot)の最も権威のあるレースに出場し、名声と卓越性に満ちたこのイベントの歴史に自らの名前を刻むために競い合いました。乗馬スポーツの献身的な支援者として、スイス時計ブランドのロンジンは、公式パートナー、公式タイムキーパー、公式ウォッチを務め、多くの人の憧れとなっているこの馬術イベントに参加できることを光栄に思っています。新型コロナウイルスの世界的なパンデミックという現在の例外的な状況下で、イベントの安全上の注意点と健康に関するガイドラインに厳密に従うことによって、すべてのチームと参加者の安全を確保するための支援を行いました。

 

6月15日(火)および16日(水)に、この分野の最高峰の馬と騎手たちがイベントで最も期待を集める2つの賞を競い合い、最高レベルの情熱、正確さ、決断力を多くの人々に披露しました。  コヴェントリー・ステークス(Coventry Stakes)でのBerkshire Shadow号の目覚ましい勝利に敬意を表して、ロンジンは優勝馬のオーナーであるポール・スピケット氏、トレーナーのアンドリュー・ボールディング氏、騎手のオイシン・マーフィー選手にエレガントなロンジンの時計を贈りました。翌日、クイーンズヴェース(Queen’s Vase)で優勝した騎手のウィリアム・ビュイック選手、トレーナーのチャーリー・アップルビー氏、Kemari号の馬主であるゴドルフィン氏に、エレガントなロンジンの時計を贈ることで、優れた馬と騎手の組み合わせが設けた極めて厳格な基準への支持を表明しました。チャールズ皇太子とカミラ夫人も参加され、選手たちの果敢な挑戦と、スポーツへの大胆で揺るぎない姿勢が感じられる爽快なレースを共に観戦しました。Royal Meeting号の優雅さに呼応するように、ロンジンはロイヤルアスコットの公式ウォッチであるダイヤモンドが装飾されたステンレススティール製のドルチェヴィータ コレクションのモデルを披露しました。卓越した時計製造技術にエレガンスを融合させたこのシリーズは、ダイヤモンドと柔らかく幾何学的なラインが微妙に組み合わされ、芸術的な魅力を放っています。シルバー「フランケ」の文字盤を備えた長方形のケースには、洗練されたタイムピースを好む人々に支持される妥協のない品質を実現する、クォーツムーブメントが搭載されています。