メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

スイスの障害飛越選手、エドゥアール・シュミッツがロンジンファミリーに加入

ブログ

12/14/2022

スイス腕時計ブランドのロンジンは、スイスの障害飛越選手エドゥアール・シュミッツをロンジンファミリーに迎えました。最大の功績となった今年のロンジン インターナショナル グランプリ オブ アイルランド(Longines International Grand Prix of Ireland)での優勝を筆頭に、23歳の彼はすでに障害飛越競技で輝かしいキャリアを築いており、数々の賞を受賞していることで知られています。

スイス腕時計ブランドのロンジンは、若き障害飛越選手エドゥアール・シュミッツをロンジンファミリーに迎えることができ、大変嬉しく思います。才能あふれる彼はロンジンファミリーの一員、そして馬術競技者として今後も素晴らしい成果を成し遂げてくれることでしょう。 

スイスのジュネーブとチューリッヒで育ったエドゥアール・シュミッツ選手は、わずか8歳のときに障害飛越競技の世界に足を踏み入れ、動物に携わることへの憧れからそのキャリアをスタートさせました。
障害飛越競技のトップ選手として活躍を見せる新世代を代表する彼は、常に新しい目標を掲げ、これまでの成果に加えて今もなお飛躍的な成長を遂げています。特に今年のロンジン インターナショナル グランプリ オブ アイルランド(Longines International Grand Prix of Ireland)での優勝は、エドゥアール・シュミッツ選手にとって最も大きな功績となりました。さらに、過去4年に渡ってスイスの障害飛越競技の選抜チームメンバーに選ばれてきた彼は、昨年10月に初めて世界トップ40にランクインしました。  2022年のグローバル チャンピオンズリーグ スーパーカップ ファイナル(2022 Global Champions League Super Cup Final)では、マイアミ・セルティックスチームの一員として勝利を手にし、目覚ましい活躍を見せています。スイスチームの一員としては、ザンクト・ガレンで開催されたロンジン FEI ジャンピング ネーションズ カップ™(Longines FEI Jumping Nations Cup™)で優勝を果たし、ダブリン、ソポト、バルセロナで開催されたロンジン FEI ジャンピング ネーションズ カップ™(Longines FEI Jumping Nations Cup™)でも表彰台を獲得しています。

エドゥアール・シュミッツ選手は今回のパートナーシップについて次のようにコメントしています:「障害飛越競技では、ダイナミズム、パワー、テクニック、正確さ、エレガンスのすべてが求められます。そしてこれらは、ロンジンと共通する価値観でもあります。伝統的でありながら、パイオニア精神にあふれるスイス腕時計ブランドのロンジンを世界的に代表することはとても光栄であり、ロンジンファミリーの一員であることを誇りに思っています。」

輝かしい未来を前に、世界的な舞台でより大きな成果を上げるという野望を抱くエドゥアール・シュミッツ選手。その情熱的な精神と卓越したパフォーマンスへの意欲をもって、スポーツを再定義する新世代の騎手の一人になることを目指し躍進を続けます。