メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

2018年FEI世界馬術選手権大会トライオンにて、アメリカチームとオランダチームが、障害飛超競技およびパラ馬術馬上競技にて圧倒的な強さを見せつけました。

FEI World Equestrian Games

09/22/2018

2018年9月21日金曜日、アメリカチームは、ホームにて障害飛超競技を制しました。Zeremonie号に騎乗したローラ・クラウト選手、Cristalline号の Adrienne Sternlicht選手、Eddie Blue号のDevin Ryan選手、Clinta号のマクレーン・ワード選手が、類稀なパフォーマンスを発揮し、スウェーデンチーム、およびドイツチームを圧倒しました。

 

パラ馬術馬上競技では、Alphaville N.O.P.号に騎乗したフランク・ホズマー選手、Wallace N.O.P. 号のNicole den Dulk選手、そしてすでに個人種目で金メダルを獲得しているSanne Voets選手、Rixt van der Horst選手を含むオランダ代表が優勝しました。2位のイギリス、3位のドイツがオランダチームとともに表彰台に上りました。

 

FEI世界馬術選手権大会トライオンの公式パートナー、公式タイムキーパー、および公式時計を務めるロンジンは、すべてのメダリストに対し、その卓越したパフォーマンスを称え、エレガントなウォッチを贈呈しました。

WEG 2018, tryon, para-dressage,pic2