メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

The 2019 Longines Rising Ski Stars prizes awarded to Meta Hrovat and Clément Noël

アルペンスキー

03/17/2019

FISアルペンスキーワールドカップ(FIS Alpine Ski World Cup)の公式タイムキーパーであるスイス時計ブランドのロンジンは、本日アンドラのソルデュで行われた最終戦で、ロンジン ライジング スキー スター賞を授与する栄誉に預かりました。 シーズン中のFISアルペンスキーワールドカップのレースに出場したすべての選手の中から、女性は21歳未満、男性は23歳未満の最優秀スキーヤーを選出するこの賞が、スロベニアのメタ・フロバト選手とフランスのクレマン・ノエル選手に贈られました。

2018年および2019年のFISジュニアワールドカップ選手権(FIS Junior World Championships)のスラローム競技で2回の優勝を果たしたメタ・フロバト選手は、スラロームおよびジャイアントスラローム部門で4回もトップ10入りし、今シーズンのFISスキーワールドカップを総合3位の成績で終えました。一方、クレマン・ノエル選手はヴェンゲン、キッツビューエル、ソルデュのスラローム競技で3勝を飾り、今シーズンのツアーで自己最高記録を達成しました。 将来有望なこの2人のアスリートには、ロンジン副社長のチャールズ・ヴィロズからロンジンの時計、トロフィー、小切手が手渡されました。

この祝典は本日、2018/2019年FISスキーワールドカップ総合で連覇を達成したロンジンのアンバサダー・オブ・エレガンス、ミカエラ・シフリン選手とマルセル・ヒルシャー選手にそれぞれの素晴らしいパフォーマンスを称えてエレガントなタイムピースが贈られた全体の受賞式に続いて行われました。

2019 Longines Rising Ski Stars; Meta Hrovat; Clément Noël

block.longinestimingbig.name

block.longinestimingbig.content

block.longinestimingbig.link_label