メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

FEI Awards Gala 2021:ロンジンが今後の活躍が期待される才能あふれる騎手たちの優れた功績を祝福

Award

11/18/2021

11月17日(水)、ロンジンはベルギーのアントワープで開催された、2009年から屋内および屋外の馬術競技の発展に貢献した個人および団体を表彰する、2021年FEI授賞式にFEIのトップパートナーとして参加しました。馬術競技において今後の活躍が期待される14~21歳までの才能あふれる騎手たちの優れた功績を称えるため、ロンジンはこの機会に2021年ロンジンFEIライジングスター賞をドイツ出身の総合馬術騎手であるグレタ・バサッカー選手に贈呈しました。ロンジンは、馬術競技の世界における卓越性とエレガンスを育むことに常に取り組んでおり、彼女にはロンジン社マーケティング部長のマシュー・バウムガートナーより洗練されたタイムピースが贈られました。

19歳のグレタ・バサッカー選手は、総合馬術の若手騎手部門ですでに個人および団体の両方でヨーロッパチャンピオンに輝いています。

総合馬術競技のレジェンドとも呼ばれるイングリッド・クリムケ選手の娘である彼女もまた、同じく総合馬術でその名を知られる存在となっています。彼女はヨーロッパタイトルを賭けたレースで今シーズンを高評価でスタートし、年内に複数の国際イベントで優勝。若手騎手のためのドイツ選手権で銅メダルを獲得しており、素晴らしい功績を収めています。このような大きな成果を手にした総合馬術の若手騎手であることに加えて、グレタ選手は馬場馬術にも挑戦しており、セントジョージ賞典を獲得しています。

長年に渡ってロンジンは、FEIと共にロンジン FEI 授賞式で、傑出した才能あふれる騎手たちと共有する卓越性とエレガンスの厳格な基準を促進するために努力を重ねてきました。これには、馬術競技の世界に貢献してくれる才能あふれる騎手たちをより多く見出すというFEIの取り組みに対するロンジンとしてのサポートも含まれています。今年も、優れた個人の功績を称えるために、数多くのカテゴリーで賞を贈呈しました。総合馬術では、ペダー・フレデリクソン選手(スウェーデン)が、Peden Bloodstock FEI ベアスリート賞を受賞しました。さらに、Cavalor FEI ベストグルーム賞は、その比類のない貢献を称えてマリー・ジョンソン氏(スウェーデン)に贈られました。身体的なハンディキャップや極めて困難な個人的状況にもかかわらず、馬術競技への挑戦を追求した個人の功績を称えるために、FEI アゲインスト・オールオッズ賞はベアトリス・ド・ラヴァレット選手(アメリカ)に贈呈されました。これらの受賞者たちには、そのインスピレーションと傑出した貢献によって、エレガントなロンジンのタイムピースが贈呈されました。The Equulus Charity - "Pursuit of Dreams" (中国)は、馬術競技開発プロジェクトにおいて馬術競技の促進に重要な役割を果たした功績が認められ、FEIソリダリティ賞を受賞しました。

FEI アワード・ガラ 2021; アワード;