メインナビゲーションへスキップ コンテンツへスキップ

ロンジン スピリット Zulu Timeの発表

コーポレート

03/23/2022

ロンドンのグリニッジに位置する歴史ある博物館、クイーンズハウスにて、ロンジン スピリット Zulu Timeの新作発表を記念した特別イベントが開催されました。ゲストを時を超えたロンジンの歴史の旅へと誘う当イベントは、伝統と革新をテーマとしています。翼のついた砂時計のロゴで知られるロンジンの最新作を、会場やオンラインを通して世界中のメディアに発表するのにふさわしい機会となりました。

 

ロンジン スピリット Zulu Timeは、複数のタイムゾーンを備え、この種の時計における100年以上の経験と知識を誇るロンジンの専門技術を形にしたものです。その起源と名前は、1925年に製造されたロンジン初の第二時間帯表示の腕時計に由来しています。文字盤にズールータイムを示すZフラッグが施されており、「Z」の文字は航空および軍事で使用されている協定世界時を意味しています。

多くの冒険家たちが、ロンジンの時計を身に着けて世界中のタイムゾーンを横断してきました。エイミー・ジョンソン、クライド・パングボーン、ヒュー・ハーンドンをはじめとする著名な飛行家たちがロンジンのサポートを受けて空を制覇し、新記録を樹立しています。空の歴史を刻んだ先駆者たちにとって、ロンジンの時計は安全性と信頼性の証だったのです。

 

歴史と革新を結びつけるロンジン スピリット Zulu Timeは、ブランドの豊かな歴史に敬意を表した、現代のパイオニアにふさわしい特別なタイムピースです。タイムゾーン表示には、シリコン製ヒゲゼンマイを採用したロンジン独自の新型自社製キャリバーが搭載されています。最先端技術によって、GMT表示とは別に個別に時針を調整することができます。追加のタイムゾーンは、24時間針と24時間の目盛りが刻まれた両方向回転ベゼルを使用して読み取ることができます。最大72時間のパワーリザーブを誇る高精度のムーブメントは、COSC(スイス公式クロノメーター検定協会)によるクロノメーター認定を受けています。そして、文字盤にはロンジンの歴史において最高品質のムーブメントであることを保証する5つの星が刻印されています。

 

ロンジン スピリット Zulu Timeは、シャイニー、マット、ポリッシュ、レリーフ、エンボスなど多彩な加工が施されており、細部にまでこだわり抜いたディテールがその美しさを際立たせています。ベゼルにはカラーセラミックのインサートを採用し、中央の6時位置に日付窓が配されています。文字盤はマットブラック、サンドブラスト仕上げのアンスラサイト、サンレイブルーの3種類からお選びいただけます。針と数字にはスーパールミノバが塗付され、あらゆる状況下で時刻を読み取ることが可能です。42mmのスティール製ケースには、交換可能なステンレススティール製ブレスレット、またはブラウン、ベージュ、ブルーのレザーストラップが付属しています。これらのストラップはすべて微調整が可能な新しいフォールディングクラスプを備えており、快適な着け心地とフィット感を叶えます。